男が「誰とも付き合う気はない」と言いつつ女性を口説く男性心理!

Pocket

「誰とも付き合う気はない」と言いつつ口説いてくる男性心理

 

★でも私には興昧があるの?

 

「今、誰とも付き合う気はないんだよね」

このようなフレーズを、男から、それもわりと惹かれちゃってる男から言われたことがあるでしょうか。

これ実は、男はふと単なる軽口として一言うこともあるのです。

 

ですが、ある意図をもって言うこともあります。

タチが悪い意図を。

こういう場合、「今、誰とも付き合う気はない」というフレーズの周囲には、なぜか口説き文句のようなフレーズが散りばめられていたりします。

スポンサードリンク

 

「かわいいね」「タイプなんだ」「一緒にいると心が安らぐよ」とか何とか。

さらに「元カノに浮気されちゃってショック受けてさ」とか、「まだ、いろいろやりたいことがあるんだ」などと、なぜ付き合う気がないのかの言い訳らしきフレーズも混ぜ込む。

女性としては悩むはずです。

 

誰とも付き合いたくないと言いながら、あたしに興味のあるようなこと言ってくる。

あたしはこの人のこと好きだから、それはうれしい。

うれしいけれど付き合う気はないんでしょ?

 

どうすればいいのよ?

だけど男の口説きは続く。

「おまえ、ホントいい女だよな」「料理とかもうまそうだし」心がちょっと揺らぎ始める。

 

元カノが彼にひどいことして、女性不信になってるだけなのかな。

あたしだったらそんなことは絶対しない。

きっとあたしといれば彼の気も変わるわ!

 

と自分を強引に納得させて。

気がついてみれば、あんなことやそんなこと、いろいろしてしまったり。

本来、付き合わなきゃしないようなことをです。

 

でも最初の言葉を男は撤回しない。

「彼」と「彼女」という、実に簡単な三人称単数を使おうとしない。

意地でも避けるのです。


スポンサードリンク

 

★無責任な関係へ持ち込むための悪だくみ

 

さてここで本題。

男性心理です。

どうタチが悪いのか。

 

なんで男は付き合う気はないと言いながら、結局は付き合わなきゃできないようなはずのことをいろいろやっているのか。

ズルいのです。

ズルいことをなんとかごまかしながらやってしまうために、こんなことを言うのです。

 

恋の力関係というと語弊があるが、最初にどっちが好きと言ったか、という意味での後先は、マジメな恋愛なら後でどうとでもなりますが、不真面目な恋愛にはけっこう効いてくる。

とくに女性のほうが先だと、マズいのです。

たぶんこういう場合、女性のほうが何らかの好意を先に示している。

 

言葉かもしれない態度かもしれない。

友人を介して「あいつ、おまえのファンらしいぞ」と情報を仕入れていたのかもしれません。

とにかく女性側の好意が男にバレてしまっている。

 

これで「俺もあの子が好き」なら何の問題もない。

男は自信を持ってアプローチするでしょう。

「彼女いらないんだよね」なんて口が裂けても言わないはずです。

 

でも、そこまでの興味を抱いていなかったら。

そういうとき、男の悪い虫が騒ぐのです。

据え膳食わぬは男の恥…って格言は現代にも生きているのです。

 

女性のほうは積極的に据え膳になってるわけじゃありません。

でも男からすれば、ちょっと策を弄すれば据え膳になりそうな女がそこにいる、と考える。

こいつ俺のこと好きっぽいしな。

 

てことは、多少のムリもなんとか通るんじゃないか。

適当なこと言ってごまかしながらでも押し切れるんじゃないか。

勝手に優位に立っている。

 

要するに、女性のことをナメている。

「俺、今誰とも付き合う気はないんだよね」(でもやることはやりたいんだよね)

これは自分に対する言い訳の意味もある。

 

俺は最初にちゃんと宣言したのだ、なのに俺の誘いに応じてきたということは、俺が悪いわけではないのだ。

そんなんで通るのか!?

通るわけありません。

 

どう考えても道理の合わないことができてしまうということがすなわち、ナメている何よりの証拠です。

即刻ぶっ飛ばすなり何なりして次へ行こう、次へ。

 

関連記事

→涙もろい男の涙から始まる恋には気をつけろ!

→勘違いしている女性へ!誰にでも優しい男性の男心とは?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る