男心の本音メールと恋愛に本気のサイン

Pocket

男心を知っていればメールで悩まない!

 

女性は、男性が重く受け止めているほど「好き」という言葉を解釈していない気がします。

ひとつのバロメーター、モチベーションとして使いたいのではないでしょうか?

「好きな人に好きと言われて、やる気が出る」

 

今まで一人だったのが、好きな人ができて勉強でも仕事でも趣味や習い事でもやる気になったという話はよく聞きます。

相手に想われ、「好き」と言われることで、生きている喜びを感じる。

その瞬間でも構わないから、気持ちを満たすために使ってほしいと思っているのではないでしょうか?

 

1日の終わりに、メールで「好きだよ」と言われることで、1日が充実する。

そんな心の支えで使ってほしいのです。

男性のように「一生に一度の言葉」として使ってほしくないのです。

スポンサードリンク

 

モチベーションのコミュニケーションとして、相手への想いを託して「好き」という言葉を連発してほしいのです。

その女性の考えに対して、やはり男性はそうは思えません。

「好き」は重みがあるのです。

 

どうしても、背負う責任を感じてしまうのです。

その責任のある言葉は、やはり最後に取っておきたいのでしょう。

無責任な男が、最初は好き好きと連発して、最後は逃げるということも多発していますが、やはり誠実な男性は「好き」は最後に言うと思います。

 

責任を取れる条件が整ってから、最後の言葉を言うのではないでしょうか?

それは「好き」と「結婚してください」という、2つの言葉になると思います。

その序章として、男性は言葉より行動や態度に表れます。

 

男性の好きという本能は、行動で示す。

このことも覚えておきましょう。

メールにしても、そこに書いた「言葉」よりも、「メールをした」という行動こそを評価してもらいたいと男性は思っています。

 

彼女にメールする。

彼女に電話する。

彼女に会いに行く。

 

この恋愛の三点セットの動きが、男性の「好き」の表れなのです。

肝心な言葉を言わない代わりに、態度や行動で示します。

そして「行動の持続」が続いた相手に、最後の言葉を伝えます。


スポンサードリンク


 

行動の持続  男性との恋を成就させるポイントは、その正しい習慣を作ることだと思います。

男性は最初が肝心で、いかに正しい習慣を作るかです。

朝起きて、歯を磨き、洗顔を済まして会社に出勤する、というような毎日の規則正しい習慣のように、あなたと彼の習慣ができあがればよいのではないでしょうか?

 

無理のない習慣は、何度も何度も行動して作られるものです。

言葉ではありません。

行動しやすい環境の中だと、自然に行動は持続できます。

 

そして持続できれば習慣となります。

習慣になれば、自分の潜在意識の分身となります。

潜在意識の分身になれば、もうあなたは他人ではないのです。

 

その正しい習慣ができるまで、待っていてほしいと思います。

待てないで「好き」という言葉を強要したり、精神的不安から取り乱したりしないことです。

まだ習慣ができていないのに、女性側かそのような行動を取ると、男性の行動を阻害するものとなります。

 

行動を阻害されたら、男性は行動を止めます。

行動が止まれば正しい習慣はできません。

習慣にならなければ、自分の潜在意識の分身とならない分身にならなければ、あなたは他人なのです。

 

その潜在意識こそが「縁」なのです。

だから、男性が行動しやすい環境を作ったらどうでしょうか?

言葉よりも。

 

関連記事

→男心を見破る脈ありのlineとメールのサインとは?

→男性が好きか分かる好意のサインと態度はある?

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る