男心を見破る脈ありのlineとメールのサインとは?

Pocket

男心を見破るサインとは?

 

大抵の男性が好きな人と電話などメールを頻繁にしたがります。

それは好きな人の気持ちやもっとその人のことを知りたいからです。

恋には結構しつこいのが男の特徴です。

 

その中でも男性からこんな言葉を発することはありますか?

「楽しかったね。また電話してよ」

ただただ普通の言葉としか思えないかもしれません。

 

しかし、恋する男はしつこいはずなのに男性が電話を切るときに、しばしばこのようなことを言うことがありますが、こう言われてあなたはいい気分がしますか?

この言葉を前向きに解釈するとこうです。

スポンサードリンク

 

「また電話してきてほしいから、楽しみに待っている」

そう解釈したくなるのが恋する乙女というものです。

しかし男性は、口説き落としたい女性には、たいていの場合、自分からしつこいくらいに電話をします。

 

というのも、女性は男性の誠意や優しさなどに反応し、時間をかけて惚れていく生き物で、男性ほど瞬間的に惚れこむ生き物ではないからです。

つまり女性は男性より惚れにくいのです。

だから男性から女性に自分をアピールしなければならないのです。

 

そして「楽しかったね。 また電話してよ」は、恋愛が成功する確率が低くなります。

狙った女性には、自分が優れたオスであることを認めてもらわねばなりません。

そのためには接触する機会を多くもつ必要があるので、男性は必死で電話をかけます。


スポンサードリンク


 

そのときの男性心理は、「しつこくして嫌われたらどうしよう」

というような心配よりも、「この女をモノにしたい」

という欲求のほうが勝っているのです。

 

ですから携帯の電源を切ったり、留守番電話をずっと無視してるのに、懲りずにかけてくる男性が後を絶たないわけです。

このように、男性が一人の女性に狙いを定め、追いかけようとしているときは、「また電話してよ」などと言うことは、まずありません。

そう言ってしまうと、もし相手の女性から電話がかかってこなければ、そこでアプローチが終わってしまうからです。

 

そう考えると、このように「電話して」と女性に言えるのは、自分からかけなくても相手からかかってくる状態であるといえます。

つまり、二人の関係において男性のほうが優位であり「この女は、おれに気がある」と察知している証拠です。

彼が本気ならば必ず掛けてくるはず。

 

男性は、自分より魅力の低い女性にしかこの言葉は使わない、いや、使えません。

もしも男性が本気であなたとつき合いたいと考えているなら、「また電話するよ」になるはずです。

ちなみに女性の「また電話くださいね」は、「私のプライベートに、いつでも入ってきてね」

 

というサインと、「私から電話することはまずないからね」という二つの意味がありますが、いずれにせよOKサインの場合が多いと言えます。

同じ言葉でも男女では正反対の意味をもつのです。

「暇なときなら、相手してやってもいいよ」という意味になる事もあるのです。

 

関連記事

→なぜ恋に落ちる?男性が恋に落ちる3つの条件

→体目当てと体目当てじゃない男性の見分け方


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る