男性心理の好意は会話からサインを確認

Pocket

女性が知っておきたい男性心理はこれ!

 

「休みの日は、何してるの?」

恋愛をリードするのは本当は女性。

この質問はもっともポピュラーで一見何気ない質問のようですが、恋の進展に大きな意味をもつセリフです。

 

休みの日に何をしているのか?

ここで男性が知りたいのは、大きく分けて二つのポイントがあります。

まず一つは、その女性の趣味嗜好を探る意図です。

 

休日は主に趣味や興味のあることをするわけですから、その使い方で彼女が何に興味があって、どんな誘い方をすればもっとも効率的かがわかります。

たとえば、「映画をよく観に行くの」と答えたのならば…

スポンサードリンク

 

「休みの日は、何してるの?」

「じゃあ今度一緒に行こうよ」

と言えば話が早いのです。

 

もう一つは、この質問をすることによって、女性の自分に対する関心の程度を探る意図です。

「じゃあ今度一緒に行こうよ」と言ったのに、あいまいな返事をされれば、よほど鈍感な人でない限り「あまり自分には関心がないのだなあ」

ということがわかりますし、逆にノリノリで行きたいと返されれば、悪い感触ではないことがわかります。

 

もちろんストレートに、「あなたのことが大好きです」や「つき合って下さい」と言えるといいのですが、、、

恋愛というデリケートな世界では相手が退いてしまったり、ふられたときのリスクが大きいです。

この見当たり障りのないやりとりを繰り返すことによって、男女はお互いの関心度を探り合い、期待感や危険度を測って脈があるとか、ないとかを判断していくわけです。


スポンサードリンク


 

ここでとても面白い事実があります。

意外ですが、恋愛は女性のリードで進展するという事実です。

「逆じゃない、男性が引っ張っていってくれるものよ」

 

と思っている方は、よほどモテる女性か、逆に失敗が多いのではないでしょうか?

そもそも男性は女性よりも惚れやすいというですが、であれば当然アプローチも男性からしてくることが多いといえます。

女性はその誘いに対して、それを受け入れるかどうかを選ぶ権利があります。

 

受け入れられた男性だけが、女性と仲良くなることができます。

しかし男性もバカではないので、一部の何も考えていない無謀な人たちを除いて、うかつに脈がないのにアプローチはしません。

つまり、まずは当たり障りのない会話によって相手の関心度を探り、それがクリアできたら次の段階へと徐々に進んでいくのです。

 

ですから女性があるアプローチに対してあまり関心のないリアクションをすれば、男性はさらに踏み込んだアプローチはできずに、さらに当たり障りのないアプローチをするか、あきらめるしかないということになります。

逆に大きな関心を示せば、さらに一歩踏み込んだアプローチができるのです。

つまり男性は女性のリアクションを見て次の行動を決めるしかありません。

 

これが恋愛をリードするのは女性であるという意味です。

ですからその恋愛を進展させたいと思えば、アプローチに対してさらに上の大きなリアクションを返してやればいいのです。

「休みの日は何してるの?」には、「別に…」ではなく、「旅行に行くんです」と返せしましょう。

 

すると、「休みの日は、何してるの?」

「じゃあ今度一緒に行こうよ」となり、さらに「あ、そうですね…」ではなく「やったあ!じゃあ、いつにします?」

と返せば恋愛は進展します。

 

逆に進展させたくないと思えば、その反対を返してやればいいのです。

 

関連記事

→男心を見破る脈ありのlineとメールのサインとは?

→なぜ恋に落ちる?男性が恋に落ちる3つの条件


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る