神奈川の恋愛デートや性格などのあるあるや有名人は?

Pocket

神奈川県

 

▼姓ベスト5

鈴木・佐藤・高橋・渡辺・斉藤

鈴木は関東に、高橋、渡辺、斉藤は東日本に多い姓。

 

佐藤は東北に多い。

全国的に多い姓が上位を占める。

しいて探せば、千葉と同様に石井が多い(十四位)くらい。

 

厚木は井上が多い。

 

▼男性のタイプ

・性格

淡泊で気さく。

 

おおらかで社交性に富むが、カッコつけたがりの傾向が強い。

視野は広いが、仕事より趣味や遊びへの浪費が多い。

新しモノ好きで流行に敏感。

 

情報にもうるさい。

したたかさもあって長生きする。

横浜はとくに新しモノ好きでプライドが高い。

 

相模(相撲川以西)は柔軟な人が多いが、やはりアンチ東京。

湘南はプライドが高いが、アンチ横浜の東京志向。

 

・仕事ぶり

仕事はできるタイプ。

論理的で、批判精神も旺盛。

 

どちらかというと、仕事よりも遊びに熱中する人が多く、出世欲は薄い。

営業や販売向き。

芸能界にも向いている。

 

・恋愛・結婚

やさしくて、人あたりはいいし、口説き上手。

スタイルのいい美人が好みだが飽きっぽい。

 

遊び上手、ギャンブル好き。

晩婚タイプが多い。

スポンサードリンク

 

▼女性のタイプ

・性格

どことなく知的でセンスもいい。

 

地元志向が強く、プライドも高い。

横浜は東京よりエライと思っている。

人生楽しく生きるのがモットーで、マイペースの人が多い。

 

・仕事ぶり

仕事はバリバリこなすが、好き嫌いがあり、いやな仕事を耐えてまでもやるタイプではない。

やや使いにくい傾向も。

 

・恋愛・結婚

早熱で、恋愛に対して積極的。

男性とは友達感覚でつき合うが、好奇心が旺盛なので移り気な面も。

 

男性を見る目は厳しいから、晩婚になりがち。

結婚すると専業主婦になる人が多い。

 

▼神奈川県の禁句やタブー

横浜は首都圏で唯一、東京と張り合っているところ(横浜のランドマークタワーは都庁より高くと、地上75階の日本一高いビルにした)だけに、東京をほめる話は禁物。

 

・殺し文句は?

各地ともプライドが高いので、おだててのせるのが一番。

横浜なら中華街の話を聞くのもいい。

 

 

横浜田市街(中区・西区・南区)の人とのつき合い方

 

▼女性へのアプローチ法

あくまでもドライで、シンプルな雰囲気を好むので、しつこいと嫌われる。

軽いノリでアプローチするといなされる。

 

マイペースだから、口うるさい男性や金に細かい男性は嫌われる。

プレゼントは高くないもので、気の利いた海外モノがグッド。

 

〈他県出身男性との相性〉

東京(城東)、兵庫(東部) とは相性がよさそう。

愛知、岡山とはイマイチ…。

 

▼男性へのアプローチ法

恋愛にドライな人が多いので、しょっちゅう電話するのは禁物。

うっとうしいと思われる。

 

接近するときは常にクールさを装って。

洋服はセンスのいいコーディネートが彼の気をひく鍵に。

 

〈他県出身女性との相性〉

千葉(南部)、静岡(東部)、兵庫(東部) とは相性がよさそう。

石川、京都、岡山とはイマイチ…。


スポンサードリンク

 

その他の人(横浜岡市街地以外)とのつき合い方

 

▼女性へのアプローチ法

包容力のある男っぽい男性が好み。

よほど親しくなるまでは悩みなどいわないほうがいい。

 

センスのない男性やしつこい男性は嫌われる。

好き嫌いがはっきりしているので、ストレートに気持ちを伝えればいい。

プレゼントは流行のものがグッド。

 

〈他県出身男性との相性〉

千葉(北部)、東京(多摩) とは相性がよさそう。

岐阜(美濃)、愛知とはイマイチ…。

 

▼男性へのアプローチ法

柔軟なタイプが多く、気さくにつき合えるが、ドライで遊び好きだから、安心していると別の女性に走ることも。

ややミーハーなので、ファッションはブランドもの、デートも最先端スポットがベター。

 

〈他県出身女性との相性〉

千葉、東京(多摩)、静岡(東部) とは相性がよさそう。

相性の悪い都道府県はなし。

 

▼神奈川県の主な有名人

松嶋莱々子、織田裕二、飯島直子、鶴田真由、和久井映見、竹中直人、東山紀之

阿部寛、小田和正、小泉純一郎、桑田佳祐、加山雄三、小泉今日子、高島礼子、石原慎太郎など。

 

関連記事

→東京の北区や中央区などの性格や恋愛デート傾向やアプローチ法!

→埼玉県のさいたま市や川口市など男女の恋愛デートや性格、有名人は?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る