終わらせたい恋を終わらす方法

Pocket

今の恋はとっても楽しいし、毎日が充実してるかもしれない。

でも、最近その思いが変わり始めました。

なんだか一緒に居てるのもしんどくなってきて…

 

恋愛というのは、結婚という道を選ばない限り、必ず終わりが来ます。

そんな恋を終わらせようと思っているあなたに。

終わらせた恋を終わらす方法。

 

今回はここについてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

 

はじめ方より終わらせの方が難しい

 

私は思うのだが、別れの体験は実に激しい動揺を与える心理的、精神的な出来事であり、しかも多くのエネルギーを消費する出来事でもある。

男女の関係をはじめることは、それほどむずかしいことではない(いや、むずかしいと考えている人もいるだろうが)

だが、はじめるより終わらせるほうがもっとむずかしい、と私は思う。

 

現に、関係を終わらせるのが面倒で、続けている人は少なくない。

それだけのエネルギーやノウハウを持ちあわせていないために、関係を終わらせずにいる人も多いのではないだろうか。

逆に、相手に対する怒りや敵意を一気につのらせ、その勢いで、ケンカ別れをしてしまう人も少なくないと思う。

 

自分も相手も傷つく結果を自らまねいてしまうのだ。

「あんなに愛しあっていた仲なのに、どうしてこんなことが言えたり、あんなことができるのだろう?」

「愛しあっていたことさえ疑いたくなる。信じられない」とつぶやくこともある。

 

そこで、私が思うこと。

「別れにも愛を」

いくら、愛と憎しみは紙一重といっても、愛しあった仲なのだから、別れるにも愛を示しあえないものかと思う。


スポンサードリンク

 

ふるほうにも、ふられるほうにも愛が欲しいと思うのは無理な話なのだろうか。

愛がなくなったから、相手と別れるのだから、その相手に愛を示せと言っても無理だという意見もあるだろう。

でも、愛にもいろいろとある。

 

男女の愛情が消えると同時に、人問としての愛までも失ってしまうとしたら、ほんとうに愛することを知らない人だと疑われてもやむをえないだろう。

また、ふられるほうにしても、「私を愛することをやめた人に愛を示せと言われても、そんな無理な!」という思いがあるだろう。

でも、そう思う人にこそ私は言いたい。

 

「恋人を失っても、愛を失ってはいけない」と。

恋人との関係で、「愛する」とはどういうことかを学んだのなら、恋人を失ったからといって、「愛する」能力や喜びを捨ててほしくないのだ。

もったいないからだ。

 

恋人を愛さない愛し方(執着しないこと)だってある。

恋人を手放し、自由にする愛し方だってあるだろう。

恋人の幸せを願って別れ、見守る愛し方だってあるはずだ。

 

関連記事

→上品な女性は下品もできる二刀流の特徴が!

→体目当てと体目当てじゃない男性の見分け方


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る