結婚に向いていない女性の特徴

Pocket

結婚は一生ものだから慎重にしたい!

そんな男性の為に今回はこんな1ページをご用意しました。

「結婚するのに適していない女性」の特徴とは?

 

あなたが思っている結婚するのに適していない女性。

これはこの1ページを当てはまっていますか?

もしかすると、あなたが驚くような情報が載っているのかもしれません。

スポンサードリンク

 

「結婚するのに適していない女」の特徴とは?

 

いったい、どんな女性が好い妻になれるのでしょうか?

次にこの点について考えてみましょう。

その前に、昔いわれていた「結婚するのに適していない女」の条件を私流にまとめると。

 

① 性格的に可愛くない女性

② 内面を大切にしない女性

③ 礼儀、マナーをわきまえてない女性

④ 家計維持がうまくできない女性

 

以上の4つになります。

性格的に可愛くないというのは、あくまでも男から見ての話です。

内面を大切にしないというのは、いわば外商ばかり飾る女性のことで、ベタベタと厚化粧する女性、3番目の礼儀、マナーは、挨拶、しゃべり方などが組野だったり、規格はずれだったりする場合。

 

たとえば、夫が朝出動で急いでいるのに、夫より先に新聞を読む、あるいは夜、先に風呂に入るなどです。

第4は家計簿がつけられない、金づかいが荒いといった女性。

こういう条件が揃っていると、これまでは「良い妻になるとはいえない。お嫁さんには向きませんよ」というレッテルを貼られたわけです。


スポンサードリンク

 

これらがダメだとすると、その反対はいいということになったわけです。

つまり…。

 

① 性格的に可愛い。

② 内面の美しさをもっている。

③ 礼儀、マナーを心得ている。

④ 家計簿がつけられる、お金にしっかりしている。

 

これだけそろえばいい妻になれるということになったのでしょうが、これをいざ現実の人聞に当てはめてみると、たちまち矛盾してきます。

長いこと生活を共にしていれば、性格的に可愛いといったって、ただ可愛いだけでは困るんで、ときにはシンの強さを見せてもらいたいと思うようになる。

内面がいくら美しくたって、やっぱり外見も大切だという気になるものです。

 

礼儀、マナーを心得ているのはいいが、いつも想定外にやられては、息が詰まります。

ときにはハメを外してくれたほうが楽しいし、可愛いもの。

家計簿をきっちりつけるのはいいが、理路整然と、夫の小づかいを半分にすることを宣言されるとなると、いったいどっちの性格がいいのか、わからなくなってきます。

 

本当のことをいえば、こういう条件は時と場合によるのでいつもいつもご立派では、人聞は楽しくなくなってくるものです。

それに教養があり、常識もあり、趣味もよくて、人生の指針を持っていて、会話もうまいし、おしゃれ上手で料理も洗濯も掃除もテキパキ片づける。

そういう条件にこだわっていては、「いったい自分は何様と思ってるの」といわれてしまうことになりかねません。

 

ひとつひとつはすごくもっともで、正しくあっても、それをただズラズラ並べて「こういう人が私はほしい」というのは、世の中を知らずに、良妻を望んでいる証拠で、これではいくら待っても誰も来てくれないでしょう。

 

関連記事

→あげまん女性の特徴と本当の意味

→女性が使える男性を追わせる恋の駆け引き

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る