結婚を目の前にしても破談することもある!その理由とは!

Pocket

結婚を目前にして見えてきたリアルな話

 

つきあいはじめて七年。

私の願いがようやくかなって彼は結婚に同意し、結婚式の準備の話しあいに入ったところで、なんと難航。

双方の意見がかみあわず、とうとう決裂、破談になってしまいました。

 

私は、七年間も待ったのです。

多少問題があったとしても、何とかやっていける。

そう思ったのですが、彼の方は自信がないと言うのです。

 

仕方がないとあきらめきれなくて、ショック状態から抜けきれません。

何をやっても気が抜けた感じなのです。

七年間待ったあげく、こんな不幸な人生が待つているとはなさけない限りです。

スポンサードリンク

 

七年間も待ちこがれた結婚が目前で破談になれば、ショックを受けるのも無理はない。

ましてや彼一人だけに愛を貫いてきたとすれば、悲しみは人一倍だと思う。

何をやっても気が抜けた感じだ、というのは分かるような気がする。

 

破談にいたった理由は、文面によると「結婚式の準備の話しあいで、意見がかみあわない」ということだが、きっとこの他にも理由があるのだろう。

いざ結婚式の相談をする段階になり、具体的な準備の話しあいをしているときなど、それがきっかけで、これまでひそんでいた二人の間の問題が表面化することも珍しくない。

本心や本音が姿をあらわすからだ。

 

そして、「こんな考え方をする人とは思わなかった」

「私の価値観とはずいぶん違うんだ」

「私はこの人について、とんでもない思い違いをしていた」

 

などということに気づき、驚くのである。

あるいは人生観、結婚観、性格の違いを改めて知る。

また、話がうまくかみあわないなど、コミュニケーションの欠陥に気づく。

 

こうしたことがあれば、相手との結婚生活に不安が芽生えても不思議はない。

さらに本人同士の問題だけでなく、これまでは表に出てこなかった双方の親や家族の姿が見えるようになる。

相手の親が何かと囗をはさむなど、親の影響力の強さを改めて感じる。

 

こういったもろもろの出来事やさまざまな理由から、結婚に踏みきる勇気を失い、破談を申し出ることがあるのではないだろうか?

もしこういった悲劇があなたの身に起きたら、一番人切なのは、相手との関係の中で、自分は愛情を育てるためにどんな努力をしてきたか、あるいは怠っていたのか、といったふり返りをすることだと思う。

相手を責めたり、自分を責めたりするのは、しょせん無駄なことである。

 

むしろ、二人の間の愛情の育て方をふり返るほうが、もっと重要ではないだろうか?

相談の女性は(彼も)七年問という長いつきあいの間、二人の愛情を育てるためにどんな努力をしてきたのだろう?

意見が対立したことは、これまでにもきっとあったはずである。


スポンサードリンク

 

そのとき自分は(彼は)どのように対応してきたのか。

自分をおさえ、我慢してきたのだろうか。

かみあわないときは、どのように解決してきたのだろうか。

 

気持ち(怒り、悲しみ、不安など、とくに負の感情)の処理は、どのようにしてきたのだろうか。

結婚生活に異文化の衝突は避けられない。

自分にとって異質なもの(性格、意見、感情、興味の対象、価値観など)との衝突が必ずある。

 

日々出会う異質なものへの適応能力を育てる努力をしてきたのだろうか。

こうしたふり返りをすることで、自分の成長課題を明らかにする作業がなされたら、きっと、それが明日の人生の糧となり、これからを前向きに生きる勇気も生まれてくるに違いない。

 

同じような例がいくつもある。

その一つに、次のような事例があった。

二十七歳のある女性は、お見合いのあと、約半年のつきあいを経て結婚を決心した。

 

しかし、結婚式の相談に入った段階で双方の意見が対立しはじめたのである。

女性のほうはミッションスクール出身だったこともあり、純白のウェディングドレスに身を包み、教会で結婚式を挙げることに憧れていた。

男性は、はじめはそれに同意していたが、母親のたっての希望もあり、白無垢で神前結婚式をやりたい、と主張しはしめた。

 

それから、結婚式のスタイル、披露宴のやり方など、ことごとく意見が対立するようになった。

やがて、女性は婚約者がマザコンではないかと疑いはじめるようになる。

男性が、あまりに母親の言いなりになっているからである。

 

眠れない夜が続き、とうとう結婚式の三日前に女性は破談を申し入れた。

ところが、いまさら中止するわけにはいかないと先方が強く主張したため、とりあえず、挙式と披露宴は予定どおり行なうことになった。

挙式後、それでも女性の気持ちが変わらなければ破談にするということで、一応決着したのだ。

 

当日、白無垢の花嫁姿で神前結婚式が行なわれた。

披露宴が続き、一連の行事は無事終了した。

だが「結婚」はそこでストップした。(ネムーンもキャンセル。双方は冷ややかな挨拶を交わし、それぞれわが家にもどったという)

 

後日、両家から新しい門出を祝うために集った人たちへ丁重な詫び状が届き、本当の事情が知らされた。

こうした結末を迎えた背景には、いくつかの理由があったのだが、彼女はこの出来事をふり返り、こう語っている。

私自身のいたらなさのために、多くの人たちに迷惑をかけて申し訳ないと思っています。

 

でも、彼と結婚しなかったことが不幸な結末だとは思っていません。

むしろ、正しい決断をしたと思っているんです。

私は、今度こそしっかりと相手を見きわめ、選び、幸せな結婚をしますから、見ぬいてください。

 

あの日から数年近く経つた今、彼女は素敵なパートナーと出会い、結婚して幸せな人生を送っている。

 

関連記事

→女性が結婚できない理由には言い訳が関係する!?

→運動会や好きな人との結婚式、記者会見などの夢の意味を6つ紹介!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る