自分が泳ぐ夢には深い意味があった!何かに追われる夢は不安がある!

Pocket

自分に不安があるとこんな夢を見る!

 

【汚職】

秘密の約束。誰かを利用しようとしていること。

見知らぬ人物と賄賂のやりとりをするのは、自分の気持ちを偽ろうとしていることを表わす。

 

【落ちる】

自分が立っている基盤を維持できるかどうかという不安や、人生の落伍者になるのではないかといった恐れを表わしている。

たとえば、自分の社会的地位や立場を失うことへの恐れであり、出世レースから脱落することへの不安を示している。

 

また、現実に危ない橋を渡っている人が、その橋を渡りきれるかどうかという不安から、落ちる夢を見ることがある。

このように落ちる夢は、人生のつまずきに対する不安や恐れを象徴する。

さらに、自信過剰で周囲から浮き上がっていたり、自分の能力に釣り合わないような高い目標を追いかけている場合にも、その警告として夢のなかで落ちることがよくある。

スポンサードリンク

 

【踊る】

踊ることは無意識的な感情の発露であり、情熱の高まりやあふれんばかりのエネルギーの存在を暗示している。

また、自分を表現したいと思っていることへの現われでもある。

 

・ひとりで踊るのは、ある感情が込み上げてきていることを意味する。

また、自己陶酔的な感情に浸っていることを示している。

・ふたりで踊るのは恋愛感情の高まりや、相手との協力関係がうまくいくことの暗示。

 

集団で踊るのは、仲間との一体感を求めていることを表わしている。

あるいは仲間との結びつきから、自分自身のエネルギーを強化しようとしていることを示している。

観客の前で踊る夢は、人々に何かを伝えたいと思っていることの表われである。

 

【脅す・脅迫する】

自分が誰かを脅すのは、自分自身の倣慢さや押しつけがましい性格の反映であり、相手の迷惑も考えずに行動していることへの警告である。

・身近な人に脅迫される夢は、その人からプレッシャーをかけられていることの表われであり、その人の忠告や励ましを負担に感じていることを示している。

 

・知らない人を脅したり、逆に知らない人に脅されるのは、なんらかの決断や覚倍を迫られていることを象徴しており、人生の転機やせっぱ詰まった状況を暗示している。


スポンサードリンク

 

【泳ぐ】

泳ぐことは、感情のコントロールを意味する。

また、うまく世渡りをしていくことでもある。

 

渡に乗って泳ぐのは、感情をうまくコントロールしていることを表わしている。

・波間を漂うのは、情緒的に安定していることを示している。

・荒浪のなかを泳ぐのは、自己の感情に逆らおうとしていることを意味している。

 

また、困難な状況に立ち向かっていくことを表わしている。

・溺れる夢は、まさに自分自身の感情や欲望に溺れてしまうことであり、深みにはまったことを示している。

 

【追われる】

問題が差し迫っていること、せっぱ詰まった状況に置かれていることを表わしている。

また、時間や仕事に追われる不安を示している。

 

【買う】

買うことは、新しい知識や能力を身につけることを表わしている。

そして、お金を払うのは努力が必要であることを示している。

 

また、相手から協力の約束を取りつけたり、相手の実力を認めることを示したりもする。

 

【帰る】

自分自身を取り戻そうとすること、あるいは自分の殻に閉じこもろうとしていることを意味する。

また、過去の生活や環境に舞い戻ることを象徴している。

 

【香りをかぐ・匂いがする】

香りや匂いは、あなたがその対象物から敏感に感じとるそのものの本質を表わしている。

だから香りをかいだり匂いがするのは、その対象の本質に触れることを意味している。

 

意識的によい香りをかぐのは、その香りがする人物や物から何かを学ぽうとしていること、その魅力やエネルギーを吸収しようとしていることを示している。

旬いがするのは、勘が働くこと、インスピレーションが湧くことを表わしている。

人から変な臭いがするのは、その人の秘密や悪事をかぎとってしまうことを暗示している。

 

【書く】

考えをきちんとまとめていくことや、綿密な計画を立てていくことを意味する。

また、今までなんとなく感じていたことが明確になってきたことを表わしている。

 

書いたものを読み直すのは、自分自身の感情を確認しようとしていることを表わす。

 

関連記事

→浮気する夢は彼氏や彼女が浮気する意味じゃない!

→公園の夢は疲れの現われ?信号の夢からわかる未来予知!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る