芸人年収ランキング

Pocket

どうもこんちわ。芸能情報ゆうタロウです♪

今やどんなテレビ番組にも出演している芸人。

その活躍の場は、年々場所を広げつつあります。

 

今回はそんな芸人の気になる年収について。

ネットや週刊誌など、いろんなところから情報を集めて、ランキング方式にしてみました!

さて、注目の1位はやはりあの芸人ビック3なのか?

 

それは今から判明するでしょう。

 

※注意点

推定なのではっきりと断定はしていません。

そして、ギャラと年収は別なので、そこを理解しましょう。

スポンサードリンク

芸人年収ランキングTOP10

 

第1位 ビートたけし

(推定年収 5億~10億)

 

やはり映画での収入が桁違いにありました。

そして、冠番組の収入。

後は、ゲストでも意外と出ていて、そのような収入が多いようです。

 

 

第2位 松本人志

(推定年収 1,5億~6億)

 

こちらも映画での収入が理由と考えられる。

また、年末の大人気番組やゴールデンの番組。

ここを合わせていくと、このような高額の推定年収になる。

 

 

第3位 明石家さんま

(推定年収 1億~5億)

 

やはり冠番組をたくさん持ち、芸歴も長い明石家さんま。

1本のテレビ出演料もかなり高額で、視聴率男とも言われるほど。

テレビのみの収入では、芸人No.1ではないだろうか?

 

 

第4位 タモリ

(推定年収 1億~3億)

 

長寿番組を持っていて、芸歴もかなり長い。

そして以外にも、深夜番組の番組を持っているなど、貪欲に司会をしている。

芸歴が長いというのが、推定年収上位の理由とも言えるだろう。


スポンサードリンク


 

第5,6位 石橋貴明、木梨憲武

(推定年収 7000万~1億)

 

自身の会社経営なので、ギャラの割合が非常に高い。

年末にも定番の番組を持っていることから、上位にランクイン。

ちなみに、絶頂期であれば、タモリを越していたのかもしれない。

 

 

第7,8位 太田光、田中裕二

(推定年収 4000万~8000万)

 

会社が太田光の嫁が経営という視点から。

非常にテレビ出演1本のギャラが高いと予想されている。

理由はとんねるずと同じ理由だった。

 

 

第9位  浜田雅功

(推定年収 3500万~7000万)

 

ゴールデン番組をたくさんもっていて、1本の出演のギャラが高いことから。

また、相方は映画監督なので、別の収入がある。

しかし、浜田雅功は別の収入はあまり見られず、9位となった。

 

 

第10位 有吉弘行

(推定年収 3000万~6000万)

 

数多くのテレビに出演し、番組も持つ有吉。

大きいのはCMでの出演が多いことと考えられる。

また、人気絶頂なだけに、1本の出演のギャラが高いと見られている。


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る