言葉でわかる男性心理。本音?それとも…

Pocket

「俺たち、もう会うのはよそう」

 

これはホンネ? それとも…?

「別れてもずっと友達でいたい」とは逆に、「これっきりにしよう」とか「もう会えない」などというセリフがありますが、これは一体どういう意味なのでしょうか。

この場合は、性欲が中心となった未練がある場合と、ほとんどない場合の二つが考えられます。

 

未練がある場合は、そう言うことによって相手の気持ちを探ったり、揺さぶったりという意図があります。

そしてその場合は、必ずその前後にフォローの言葉、「それでいいかな?」、「君がそうしたいなら…」、「しばらくは…」がつきます。

ここでは女性のほうがしっかりと、未練なのか、断固別れを決心しているのかを見抜く必要があります。

スポンサードリンク

 

言葉でわかる男性心理

 

未練である場合は彼が別れを切り札にして、あなたにもっと従順になってほしいことを望んでいるのであり、逆に言うとあなたにそうする意志があるならば、二人は修復が可能です。

彼の真意の見分け方。

思い出してください。

 

彼がこのような言動にいたる前に、必ずあなたと口ゲンカなどが何度も起こっているはずです。

そのたびに、「おまえ、もう少しこうしたほうがいいんじやないか」

などと忠告されていたはずです。

 

そのような前置きがある場合にこのような言葉を言ったとすれば、それは未練と考えてよいでしょう。

ただし、その場合も彼はあなたがいうことを聞かないのなら別れるというジョーカーを切ってきているので、あなたがどうあがこうと別れたくないのなら、なす術はありません。

逆にあなたも別れのカードをつきつけるという方法で起死回生をねらう方法もありますが、


スポンサードリンク


 

そうなれば修復が困難になることは言うまでもありません。

いっぽう未練がない、もしくはほとんどない場合は、元々未練がましい男性にもかかわらず、その女性とは二度と寄りを戻したくない、性欲の未練さえもない、ということを意味します。

もしくは新たな女性の存在が気にかかっているはずです。

 

この場合の見分け方は男性がかなり優位なポジションであることがキーになります。

すなわち、あなたが彼に都合の悪いことをしたときに、彼はあなたに会わないという手段をとってきていたはずで、こぜりあいのケンカをする予知もなかったはずです。

つまり、ケンカするにも最初から歯が立たなかったはずです。

 

そして最後にこのように言われたのであれば、未練がないパターンです。

ただし、男性の本能からして、できることならば新しい本命の女性とうまくやりつつ、元彼女を都合のいい女にすることができればベストなのです。

しかしそう簡単には行かないので別れを持ち出すという基本原則は成り立ちます。

 

本命の女性との関係において、元彼女の存在が障害になる場合、社会的に弊害を及ぼす恐れがある場合に、本能の欲求があったとしても男性は都合のいい女を断ち切ろうとすることができるのです。

つまり、「本命にバレる」「バレたらヤバイ」「友達や会社などといった社会において立場が悪くなる可能性がある」という場合です。

これを社会的安全性の考慮といいますが、モラルや道徳とは若干違ったものなので簡単に誠意ある男性だと思い込まないほうが賢明です。

 

そもそもこの言葉が言える男性は、その女性と別れても、不自由しない、ある程度モテる男性か、もしくは白黒ハッキリさせないと納得がいかないという頑固で融通が利かない性格の男性であると言えます。

いずれの場合にせよ、「友達でいたい」などと言われるケースよりは、「もう会うのはよそう」と言われた方が、幾分ましなような気がしませんか?

 

「そんなのイヤだって言ってくれ」(彼のさぐり)

「心底、今は会いたくない」(彼の本気)

ということになるのです。

 

関連記事

→付き合う気がないという男性の恋愛心理

→好きな人の気持ちを知りたい人に確かめる方法


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る