赤ちゃんが咳で吐くむせるの症状はSOSのサイン?0~1歳は何科に?

Pocket

せきはどうしてでるのでしょうか?

 

せきはのどや気管の通りをよくしようとする人間の反応です。

ですから、痰が出てきたときもせきになりますし、気管支が狭くなっている場合もせきが出ます。

またちょっとほこりを吸い込んだときやピーナッツなどの異物が気管に入ってしまったときも、もちろんせきが出ます。

 

肺炎や気管支炎などのように、せきの原因となっている病気そのものでお子さんが苦しくなってしまう場合も治療が必要です。

しかし、ちょっとした気温の変化などによって出るせきでお子さん自身が苦しくならないようなときなどは、治療が不必要なこともあります。

スポンサードリンク

せきの種類や性質を理解してください

 

せきの出かたによって病気を見分けることがある程度はできますので、その種類や性質を知っておいていただくことも大切です。

 

コンコンせき……からせきといわれる痰の出ないせきで、急性上気道炎、いわゆるかぜのときによく出ます。

たばこや線香・花火の煙などの刺激によってもこのようなせきが出ます。

 

ゴホンゴホンせき……たんがからんだ湿ったせきで、気管支や肺に炎症が起こっている場合に出ます。

 

ヒューヒュー・ゼーゼー……空気の通り道である気管支が細くなっていると、呼吸するとき、とくに息を吐くときに笛のように「ヒューヒュー」とか「ゼーゼー」という音が聞こえます。

聴診器がなくてもお子さんの胸に直接耳をつけると聞こえることがありますので、聞いてみてください。

 

ケンケンせき……声門の部分に炎症が起きて狭くなってしまったときに出るせきです。

昔から”犬の遠吠え樣のせき”と言われます。

息を吸うときに「ヒー」という音がしたり、声がかすれたりすることもあります。

 

この場合にはグループ症候群(急性喉頭炎(きゅうせいこうとうえん))が疑われます。

この場合、せきだけでも苦しいこともありますが、ひどくなって声門が閉まってしまうと呼吸ができなくなってしまいます。

のどの下の柔らかい部分(胸骨上窩(きょうこつじょうか))がいきを吸うときにペコーーっと引っ込むようでは重症です。

 

夜に急に悪くなることがあるので注意が必要です。

 

コッコッコッコッヒーーー……「コッコッコッコッ」という連続したせきのあとに「ヒーーー」という息を吸う音が聞こえるのは、百日ぜきの特徴的なせきの出かたです。

年長児がかかると「ヒーーー」の部分はなく、せきで苦しい程度です(といっても百日苦しみますが)。

 

赤ちゃんがかかると「コッコッコッコッ」の後に息が止まってしまい大切危険です。

百日ぜきの予防には、4種混合の予防接種があります。

生後3か月から接種できますので、受けそびれのないように注意しましょう。


スポンサードリンク


 

呼吸数もチェックしましょう

 

気管支炎や肺炎で空気の入る肺の部分が少なくなると呼吸が速くなります。

赤ちゃんの場合は、1分間に60回以上の呼吸数(脈拍数ではありません)は要注意といえます。

また、呼吸があまり速くなくても、「ウーン、ウーン」とうなりながらの呼吸を続けているというときも重症のことがあります。

 

幼児では1分間に40回以上、小学生以上では30回以上の呼吸は注意が必要です。

 

呼吸数の測り方

20秒間の呼吸数を測り、3倍として1分間の呼吸数とします。

せき・ゼーゼーの基本ケア

 

*痰がからむときは水分を

痰がからんだせきの場合はいつもより多めに水分をとらせましょう。

痰が切れやすくなります。

 

*部屋の換気に気をつけて

寒すぎず暑すぎない適度な室温にしましょう。

またとくに暖房しているときは湿度にも注意してください。

 

しかし意外に忘れがちなのは部屋の換気です。

ときどき室温が大きく変化しない程度に窓を開けて、新鮮な空気を取り入れましょう。

 

*強いせき止めは医師の診察を受けてから

「せきが出るならせき止めを飲めばいい」と思ってはいませんか?

しかし、痰を出すためのせきは、止めないほうがよいこともあります。

 

また気管支がほそくなっているために出ているせきは、せき止めではなく気管支拡張薬が必要です。

幸いといっては変ですが、普通にせき止めといわれる薬では、ひどいせきはなかなか止まりません。

夜間眠れなくて困るせきやミルクが飲めなくて困るせきで、医師から許可の出ている場合だけ、リン酸コデインなどの強いせき止めを服用してもよいでしょう。

 

関連記事

赤ちゃんの発熱原因と冷やす方法

赤ちゃんが鼻水で寝れない治らない時の対処法

 

 

診察を受けるタイミング

 

熱は?顔色は?苦しそうではありませんか?呼吸数が異常に速くはありませんか?息を吸うときに胸骨上窩(きょうこつじょうか)の間が陥没しませんか?

いつ受診すべきかを考えるのがホームケアの第一歩です。

 

*せきがひどく顔色が悪い、ぐったりしている場合には、大至急(夜でも)受診してください。

重症の気管支ぜんそくや、気管支異物が考えられます。

 

*咳がひどく、夜眠れない場合には、大至急(夜でも)受診してください。

重症の気管支ぜんそくが考えられます。

 

*ケンケンせきで息を吸う時間が長くなり胸骨上窩(きょうこつじょうか)が陥没している場合には、大至急(夜でも)受診してください。

重症のグループ症候群(急性喉頭炎)が考えられます。

 

*赤ちゃんが1分間に60回以上の呼吸をしている場合には、大至急(夜でも)受診してください。

気管支炎や肺炎がひどくなっているケースが考えられます。

 

*赤ちゃんが「ウーンウーン」とうなりながらの呼吸をしている場合には、大至急(夜でも)受診してください。

空気の通り道である気管支が狭くなっていたり、肺に十分空気が行き渡っていないケースが考えられます。

 

*せき込みがとくに夜ひどくなる場合には、早めに受診してください。

せきが出て眠れないようなら早めに受診を。

せきがあっても夜眠れるようなら診療時間内に受診を

 

*せきがあり、熱も出ている場合には、早めに受診に受診してください。

かぜをこじらせたり肺炎を起こすこともあるので早めに受診を

 

*ときどきせきが出るが、元気があり食欲もある場合には、様子をみて判断してください。

せきがひどくならず、げんきにしていれば様子をみて大丈夫。

せきがひどくなってくるときは受診してください。


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る