赤ちゃんが寝ない原因はママの抱っこに関係あり?

Pocket

赤ちゃんの「寝てくれない」

 

「子どもを育てにくい」と思うお母さんは、夜中の授乳や夜泣きで、お母さん自身、十分な睡眠をとれていない場合がほとんどです。

赤ちゃんがスムーズに寝てくれれば、お母さんのストレスは減少して育児も楽しくなってきます。

逆に「寝てくれない」悩みが解決できないと、お母さんのイライラはさらに募り、よけいに育児のストレスを感じることに。こんな悪循環に陥らないためのアイディアです。

スポンサードリンク

赤ちゃんの睡眠リズムは親がつくってあげるべきもの

 

赤ちゃんは、生理的に睡眠が必要な時間はどんなことがあっても眠ります。

大人のように眠気をがまんして起きていることはできないのです。

極端なことを言えば、お母さんがわざわざ寝かしつけなくても、赤ちゃんは自然に寝るものなのです。

 

「うまく眠れないこといらいらしてストレスをためている赤ちゃんがいる」という意見もあるようですが、赤ちゃんが大人と同じ感情を持っているわけではありませんし、あくまで推測でしかありません。

 

「いらいらしてストレスをためている」なんていう根拠はどこにもありません。

では、お母さんが赤ちゃんに対して「寝てくれない」と悩むのはどうしてでしょうか。

それは、”寝てほしいと思うときに寝てくれない”、”寝ぐずりされるのがいや”だからですね。

 

でも、赤ちゃんの睡眠リズムは親がつくってあげられるものであり、またつくってあげるべきものです。

育児というのは赤ちゃんのことだけを考えるのではなく、お父さん、お母さんとの人間関係としてとらえるべきものです。

そして、この人間関係を基本にして、赤ちゃんは社会的な存在になっていくのです。

 

まず、毎日の赤ちゃんとの生活を見直してみてください。

毎晩、好きな時間に寝かしたり、朝はいつまでも寝かしたままにしていませんか。

赤ちゃんの寝たいように寝かしてしまうのが、寝かしつけをむずかしくしたり、寝ぐすりをふやしてしまう原因なんですよ。

 

赤ちゃんに、大人の生活リズムにあった睡眠リズムを身につけてもらうにはどうしたらいいか。

それには、親の生活リズムにあった睡眠スケジュールを赤ちゃんに身につけてもらうため、規則正しい生活をさせて昼夜のメリハリをつけることです。

そして、赤ちゃんが眠りやすい環境をつくってあげることです。

 

ここでは、そのための眠りのヒントをあげてみました。

もちろん、赤ちゃんによって睡眠時間の長さには個人差がありますし、敏感な子なら、生活音やちょっとした周りの変化に対応してなかなか眠れない、眠ってもすぐに目が覚めてしまってぐずるということはあるでしょう。

 

ですから、ここでご紹介する方法だけですべての赤ちゃんの睡眠リズムを同じようにつくってあげることはできません。

しかし、「寝てくれない」悩みの解決の糸口にはなると思います。


スポンサードリンク


 

Q、抱っこしてもなかなか寝ないけど?

 

だっこをされると安心するというのは、人間の安全を守る本能によるもの。

どの月齢でも泣きやませ、寝かしつけにだっこは有効です。

しかし、抱っこしてもなかなか寝ないこともあるのです。

 

まず考えられるのは、眠い時間帯ではなかったということ。

もしかしたら、お母さんの都合でいつもと違う時間にむりやり抱っこで寝かせちゃおうとしてませんか。

抱っこをすると赤ちゃんは心地よく、安心した状態になりますが、眠くなければ眠りません。

 

ご機嫌でニコニコ笑っているでしょう。

眠い時間帯であるはずなのにだっこをしても寝ないというなら抱き方に問題があるかもしれません。

新米お母さんのなかには、はれものを扱うようにそっと赤ちゃんを抱いている人がいます。

 

しかし、こわごわ抱いていると、赤ちゃんはかえって不安になってしまいますから、手足がぶらぶらしないように腕できちんと固定したうえで、肌を密着させ、しっかり抱いてください。縦抱きが落ち着く子が多いものですが、横抱きが好きな子だっています。

赤ちゃんにあった抱っこを見つけましょう。

 

よく「どういう抱っこの仕方がいちばんいいんですか」という質問を受けますが、赤ちゃんによって好みはさまざまです。

しかも、同じ赤ちゃんでも、ゆらしたほうがいいとき、きつく抱いてあげるのがいいときなどいろいろ。

経験で学んでいくしかないのです。

 

お母さんとの愛情関係が芽生えてくる月齢になってくると、また別の原因が考えられます。

自分の世話をしてくれる、自分の大好きな人にだっこされることが、安心であると同時に、うれしい=興奮する行為になってしまうのです。

さほど眠くないときに、抱っこされていろいろ話しかけられれば、眠気は吹き飛んでしまいます。

 

それまで抱っこで寝ついていた子も、寝なくなることもあるのです。

こんなときは、抱っこで寝かしつける以外の習慣も考えましょう。

効果的なのは、”就眠グッズ”を見つけてあげることです。

 

おしゃぶり、ぬいぐるみ、お気に入りのまくら、タオル、毛布など「これがあれば安心して寝られる」というグッズを決めておくと、スムーズに眠りにつけることが多いようです。

 

 

A、抱っこされるとうれしくて眠気が飛んでしまうあかちゃんがいます

 

☑POINT!

これがあれば安心して寝られる”就眠グッズ”を見つけよう!!

 

関連記事

→赤ちゃんの夜泣きはいつまで続くの?|0~1歳まで続くの?

→赤ちゃんの0ヵ月〜1歳までの上手な寝かしつけ|寝かしつけ術


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る