赤ちゃんが鼻水で寝れない治らない時の対処法と吸い取り方

Pocket

少しくらいの鼻水なら様子をみて大丈夫

 

風邪をひいたときなどで鼻水が増えてくると、お医師さんにかかろうか、ちょっと迷うところですね。

鼻水は子どもには多い症状です。

元気で食欲もあり、夜もよく眠れているようであれば、少しぐらいの鼻水は様子をみていてよいでしょう。

 

受診の目安は、黄色や緑色のドロドロした鼻水が続いたり、のどの方へ汚い鼻水がおりてくる場合、発熱やのどの痛みをともなう場合などです。

いずれにしても全身の状態がひどくなれば、診療時間内に受診すればよいでしょう。

鼻水が多いときは、まだ鼻水が増えてくるとを上手にかめない子の場合は、なるべくこまめに鼻水をそっとふき取ってあげてください。

 

いやがらなければ、市販の鼻水吸い取り器を使ってもよいでしょう。鼻の下が赤くなってきた場合は、軟こうを塗ってあげましょう。

軟こうは、ワセリンや市販のムヒベビーなどでもかまいません。

自分で鼻がかめる子どもの場合は、軽くかむように注意してあげてください。

 

強くかみすぎると、耳を痛めたり中耳炎を起こすことがあります。

スポンサードリンク

鼻づまりは苦しい症状つらそうなときには受診を

 

鼻づまりは鼻粘膜が腫れて鼻の通りが悪くなるもので、本人にとってはとても困る症状です。

夜間は寝苦しくなり、昼間は年長児では集中力が低下し、赤ちゃんの場合はおっぱいやミルクを飲みづらくなります。

原因としては、鼻からアレルギー性鼻炎が子どもにも大変多くなりました。

 

鼻づまりで本人がつらそうにしていたり、よく眠れなかったり、集中力がなくなったりしている場合には、診療時間内に受診してください。

鼻の通りをよくする飲み薬や点鼻薬で症状を改善します。

鼻づまりのひどい場合には、鼻をかむのも吸い取り器で吸うのもあまり意味がないばかりか、かえって鼻粘膜が腫れて鼻づまりがひどくなってしまうことさえあります。

 

かむのも吸うのも鼻づまりをよくするのではなく、鼻水を取るつもりで優しくやることがポイントです。

 

 

鼻血(鼻出血)が出たときは、まず止血をする

 

子どもは鼻出血もよく出します。

とくにアレルギー性鼻炎があったり、風邪をひいていると出しやすくなります。

また鼻がつまって無意識に指をつっこんでも鼻出血の原因となります。

 

ピーナッツやチョコレートも原因となることがあります。

鼻出が出たら、まず鼻翼(鼻の下部の柔らかい部分)をしっかりつまんで圧迫し、止血します。

鼻上部の硬い部分を押さえても止血できません。

 

必ず鼻翼をつまんで、子どもには口で呼吸するように指示してください。

また、血液を飲み込まないように、座らせて下を向かせてください。

口におりてきた血液は、ペッペッとはき出させます。

 

正しい止血をすれば、ほとんどが10分以内に止血できます。


スポンサードリンク


 

止血ができないときや赤ちゃんの鼻血は迷わず受診を

 

正しい止血方法をしていても鼻出血が長引く場合は、鼻出血の部位が普通の場合と異なり奥の方である場合や、全身の出血傾向がある場合が考えられます。

鼻出血が20~30分以上も続く場合は、受診しましょう。

 

また、子どもといっても、赤ちゃんには鼻出血はあまり見られません。

傷をつけたなどの原因がない赤ちゃんの鼻出血は、早めに受診しましょう。

 

 

鼻水・鼻づまりの基本ケア

 

*鼻水が出るとき

まだ鼻をかめない子の場合には、こまめに鼻水をふき取ってあげたり、市販のスポイトで吸ってあげます。

鼻をかめるようになった場合には、あまりつよくかむと耳をいためることもあります。

 

*鼻づまりがあるとき

鼻づまりをとろうとすると強くかむのは逆効果になることも。

でてきた鼻水をやさしくふき取ります。

鼻づまりでくるしそうなときは診療時間内に受診してください。

 

*鼻くそが気になるとき

やや濃いめの生理食塩水(2gの食塩を100mlの水に溶かしたもの)を鼻にたらし、めん棒をつかってやさしく取ります。

 

 

受診が必要な「いびき」

 

寝ているときにはのどの筋肉の緊張がゆるみ、とくにかぜをひいているときやアデノイド肥大などがあると、鼻がつまり、口で呼吸をするため、いびきをすることが多くなります。

ひどくなると夜間に呼吸が止まることがあります。

 

10秒以上続く無呼吸が7時間に30回以上もしくは1時間に5回以上ある場合を「睡眠時無呼吸症候群」といいます。

アデノイド肥大や鼻アレルギーがひどくても起こりますが、肥満がひどいだけでも起こることがあります。

昼間に集中力が低下するばかりでなく、内臓にも合併症を引き起こすことがあります。

 

治療が必要な場合もありますので、いびきがひどい場合や夜間に呼吸が止まるようであれば専門医の診察が必要なことがあります。

まず、かかりつけ医に相談しましょう。

 

生後まもない赤ちゃんでも、下あごが小さい場合にはいびきや睡眠時に無呼吸となる場合があります。

これも診察が必要です。

 

 

鼻出血の基本ケア

 

*止血の仕方

鼻翼は鼻の下のほうのやわらかい部分。

この鼻翼をしっかりつまんで止血します。

 

骨の部分をつまんでも止血できません。

いやがって大泣きしてしまうときは、親も大声をだすとよけいに不安になり泣き続けます。

内心不安でも顔にはださず、「私にまかせておきなさい」という自信を持って止血してください。

 

20~30分たっても鼻出血が止まらないときは、受診してください。

 

関連記事

→赤ちゃんが咳で吐く、むせるの症状はSOSのサイン?

→赤ちゃんのうんちでわかること


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る