赤ちゃんのかぜが治らないときの対処法|お風呂はどうする?

Pocket

【呼吸器の病気】

 

●急性気管支炎

どんな病気?

主にかぜなどのウイルスによって、鼻やのどだけでなく、さらに奥の気管支に炎症が起こる病気です。

月齢が低いと、気管支炎を起こしやすくなるので、注意が必要です。

 

どんな症状?

鼻水やせき、発熱などの軽いかぜ症状から始まります。

気管支に炎症がおよぶと、最初はコンコンといった感じのせきだったのに、やがてゴホンゴホンといった痰を伴う湿ったせきが多く出るようになります。

熱も高くなります。

せきがひどいとなかなか眠れなかったり、赤ちゃんなどは、せきのために吐いてしまうこともあります。

スポンサードリンク

治療法とホームケア

せきがひどいときには病気へ。

家庭では、加湿器を使用したり洗濯物を室内に干すなど、部屋が乾燥しすぎないように気をつけましょう。

 

タバコの煙でせきが長引くことがあります。

子どものいる部屋では禁煙を。

 

せきがひどいときは、上半身を立てるとらくに。

寝ているときにせきこんだら、抱っこしたり、すわらせましょう。

 

 

●細気管支炎

どんな病気?

気管支の末端の、最も細くなった細気管支に炎症がおよぶものを細気管支炎といいます。

 

RSウイルスなどのウイルスが原因となります。

6か月未満の赤ちゃんがかかることが多く、急性気管支炎よりも重症になりやすく、呼吸困難を起こしたりしますから。

十分な注意が必要です。

 

家族の誰かが風邪をひいていて、赤ちゃんが細気管支炎になってあっという間に進行したという例もよくみられます。

風邪をひいた人は治るまでできるだけ赤ちゃんに近づかないようにします。

 

どんな症状?

くしゃみや鼻水といったかぜ症状から始まり、すぐにせきと痰が増えてきます。

せきや息をするたびに、ゼイゼイ、ヒューヒューといったぜんそくのような苦しそうな音が聞こえてきます。

 

また、呼吸が苦しくなると、息をするたびに肋骨の間、みぞうちの部分がへこむこともあります。

さらにひどくなると、呼吸困難のために酸素吸入が必要になります。


スポンサードリンク

 

治療法とホームケア

 

月齢が低い赤ちゃんが、呼吸のたびにくるしそうになり、ヒューヒューと音がするようであれば、すぐに病院へ連れて行きましょう。

入院が必要になることもあります。

 

家庭で安静にするときは、部屋の湿度とおんどを保ち、水分補給をまめにしてあげます。

せきで苦しそうなときは、抱っこや上体を起こすと少しらくになります。

 

 

●ぜんそく性気管支炎

どんな病気?

2歳ぐらいまでの赤ちゃんがかかりやすい病気。

 

赤ちゃんは、痰をうまく切れないために起こるもので、ぜんそくとは違います。

また、ぜんそく性気管支炎を起こした子どもが、将来必ずしもぜんそくになるわけではありません。

大きくなって体力がついてくれば、治るケースがほとんど。

ただし、くり返しぜんそく性気管支炎を起こす場合には、ぜんそくに移行することもあります。

 

どんな症状?

かぜをひくたびにせきが長引いて、ゼロゼロ、ヒューヒューといった音がします。

ただ、熱が出るわけではなく、わりと元気がよいのが特徴です。

 

治療法とホームケア

症状がそれほどひどくなく、元気なら家でようすをみていれば大丈夫です。

せきがひどくて眠れない、あるいは吐いてしまうといったときには病院へ。

 

関連記事

→赤ちゃんが鼻水で寝れない治らない時の対処法

→赤ちゃんのうんちでわかること

 

 

●肺炎

どんな病気?

ウイルスや細菌などが、肺におよんで炎症が起きたものです。

 

肺炎の原因となった病原体によって、「ウイルス性肺炎」「細気管支炎」「マイコプラズマ肺炎(マイコプラマという微生物による肺炎)」などの種類に分かれます。

肺炎というと、重症なイメージがあります。

たしかに細菌性肺炎などは重症になりがちですが、比較的軽い場合も多く、必ずしも入院治療が必要になるわけではありません。

 

どんな症状?

最初は発熱、痰、くしゃみ、鼻水といったかぜに似た症状が出ます。

ただし、肺炎の場合は熱が長く続きます。

高熱のときもありますが、37度台のこともあります。

 

同時にせきが出て、呼吸が苦しそうになってきます。

呼吸のたびに、ゼイゼイいったり、肋骨と肋骨の間がへこむこともあります。

細気管支炎の場合は、せきはあまり出ずに、ぐったりとして、顔色が悪くなり、下痢や嘔吐などの症状を起こすこともあります。

 

治療法とホームケア

 

熱が長引く、しつこいせきが続く場合には必ず受診します。

症状の重さによっては入院治療となりますが、家庭でようすをみることも少なくありません。

家庭では、湿度、温度を保った部屋で安静にします。

家庭でようすをみている場合も、呼吸困難などがみられたら、すぐ病院へ。

 

 

●百日ぜき

どんな病気?

百日ぜき菌に感染することで起こります。

感染力が強く、かかると重症になりがちです。

 

ときには命にかかわることもあります。

一歳をすぎてからの感染した場合、完全に治るまで1か月ぐらいと、時間がかかります。

ぜひ予防接種を受けておきましょう。

 

どんな症状?

最初は鼻水や軽いせきといったかぜ症状から始まり、やがてせきだけが長引くようになります。

それもふつうのせきではなく、顔を赤くしてコンコンと激しくせきこんだあと、ヒューッと音を立てて息を吸う独特のせきになります。

 

せきは夜間にとくにひどくなり、せきのために吐いてしまうこともあります。

月齢が低いと、呼吸困難を起こすので気をつけなければいけません。

 

・治療法とホームケア

1歳未満の赤ちゃんの場合、通常は入院して治療を受けることになります。

完治するまでには時間がかかります。

 

気長に病気とつき合うつもりで。

せきが軽くなり、機嫌と食欲が戻ったらお風呂に入れても大丈夫です。

せきこんで吐いてしまう場合には、ミルクや食事は一回に少量ずつ、回数を多くあげるようにしましょう。

 

 

●気管支ぜんそく

どんな病気?

気管支が収縮し、痰が増えて器官が細くなってしまうため、呼吸が苦しくなる病気です。

 

原因はアレルギー性の場合がほとんどで、2~3歳ごろから多くなってきます。

気管支ぜんそくの原因は、もともと子どもが持っている体質的なアレルギー素因にダニやほこり、食物などのアレルゲン(抗原)が作用して起こります。

 

どんな症状?

せきが増え、呼吸が苦しくなります。

息を吐くときに、のどの奥、あるいは胸のほうからヒューヒューといった音がします。

 

ひどくなると、呼吸ができなくなり、命にかかわることもあります。

このような発作をくり返します。

 

・治療法とホームケア

ぜんそくと診断されたら、専門医のきちんとした治療と日常生活に対する指導を受けましょう。

発作が起きたら、からだを起こしたり、水を飲ませて痰を出しやすくさせます。

 

それでも治らないときは、医師の処方による気管支拡張剤などを飲ませます。

発作がひどくなって、苦しそうなときにはすぐに病院へ連れていきます。

掃除をこまめにし、ダニのすみかとなる布団もよく干し、電気掃除機で布団をよく吸いましょう。

 

じゅうたんやカーペットはダニの温床です。

できるだけはずします。

タバコの煙は空気を汚すので親は禁煙を。

 

子どもはなるべく薄着で、多少の寒い日でも外遊びをさせましょう。

乾布まさつ、お風呂上がりの水かぶり(夏から慣れさせる)などによって、抵抗力をつけるようにします。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る