赤ちゃんのミルクの上手な飲ませ方。間隔や量は工夫が大事!

Pocket

たくさん飲ませるより美味しく飲ませて!

 

パパ「飲まない、飲まないって心配してるけど、結構飲んでるじゃないか。これだけ飲めば少ないほうじゃないだろう?」

ママ「あら、みんな飲んだ?」

パパ「きれいに飲んじゃったよ」

 

ママ「まあ、この子ったら、パパにはいい顔するのかしら。いつもそんなに簡単に飲んでくれないわよ。」

「たった50しか飲まないときが多いんだから。今度は飲むかと思って多めに作るんだけど、いつだって大半は捨てちゃうのよ」

 

最近のママの悩みは赤ちゃんのミルクの飲みが悪いこと。

だからたまたまパパが飲ませてくれたとき、赤ちゃんが200gあっさり飲んでしまったとき、飲ませる苦労をパパに訴えていたママとしては、なんだか面白を失ったような格好になって、それ以後、飲ませたいママの気持ちはますますエスカレートするばかり。

こんな時って赤ちゃんは困っちゃう。

スポンサードリンク

 

ママが、ボクの飲みが少ないことを気にし始めたのは、3ヶ月になり母乳からミルクに切り替えてからだね。

母乳のときは飲んだ量が分からないからよかったげど、ほ乳びんには目盛りがあるために飲み残しが目立って、赤ちゃんは「飲まない困った子」にされてしまった。

このように体重が標準より少ないと、少しでも多く飲ませたいママの気持ちも分かるけど、そうした気持ちで授乳され、もう飲みたくないのに何度も押し込まれたりすると、実は赤ちゃん緊張してなんだかミルクがおいしくないの。

 

その点、パパは「ミルクだよ。飲むかい?」って、気分も抱き方もゆったりしてたのでいい感じで飲めちゃった。

今度からママも、もう少しのんびりとやってみてちょうだい。

飲みが少ないと、ママは二時間ぐらいでミルクをくれるけど、散歩に時間をかげるなどして、思い切って四時間ぐらい授乳の間隔をあけてみて。

 

そしたらおなかがすいて、一気に200gぐらい飲めたりするんじゃないかな。

 

 

飲んだあと、ほ乳びんをすぐ洗ってね

 

子供ができても子供にだげ振りまわされたくない、できるだけ自分のために使える時聞を生 み出したいというママの生き方は、根本的には賛成だ。

だから、おむつの洗たくをしなくて済む紙おむつを利用したり、果汁や野菜スープをいちいち手作りしないからといって、ママを非難したりはしない。

けれど一つだけ気になることがある。

 

それはほ乳びんの消毒。

ママはいつも、飲んだあとのほ乳びんを、そのままキッチンのテーブルの上に置きつ放しにしている。

どうせ夜に一日分をまとめて洗うからということらしいけど、このやり方はちょっと問題だと思う。


スポンサードリンク

 

それというのも、ミルクの飲みカスというのは、状態といい温度といい、ばい菌がつきやすく、いちばん繁殖しやすい状態なんだって。

しかもミルクの飲みカスが、時聞がたつてこびりつくと、特にほ乳びんの底なんかは、ブラシでよほどていねいにこすらないと、目には見えなくてもカスがとれにくい。

底にミルクが残ったまま何時間も放置されているほ乳びんを見ると、赤ちゃんがすぐ下痢をしやすいのはそのせいじゃないか。

 

一度にまとめ洗いをするのはいいけど、飲んだらすぐ、せめて流水ですすいで、水につけておくほうが衛生的だし、ママも洗いやすいと思うげど。

それからほ乳びんの消毒も、最低3カ月までは完全にして欲しい。

赤ちゃんはママの手もなめるし、オモチャもなめるから、ほ乳びんの消毒だけ厳重にしても無意味だと思っているらしく、洗剤で洗って湯わかし器のお湯ですすぐだけで済ませている。

 

ちょっと合理的なようだけど、ガラガラのようなオモチャとほ乳びんでは、ほ乳びんのほうがずっとパイ菌の温床になりやすいことを忘れないでちょうだい。

ほ乳びんや乳首だけでなく、キャップやミルクを量るスプーン、ミルカーなど調乳用具をみんな消毒して。

水から入れて沸とうしてから十分以上煮沸するようにしてね。

 

そして、ママの 手もよく洗ってから調乳してね。

 

 

だっこしてミルクを飲ませて

 

人聞の胸が、他の動物にくらべて前へとび出しているのは、お母さんが赤ちゃんをだっこして、ミルクを飲ませたとき、お母さんの目を見るのに、ちょうどいい距離になるからなんだって。

人間をこういうふうに作った神さまって、エライわね。

それなのにママったら、赤ちゃんにミルクをくれるときに、抱っことして飲ませてくれない時がある。

 

座ぶとんを何枚も積んで、そこへ赤ちゃんを寄りかからせて、ほ乳びんをくわえさせて、どっかへ行っちゃう。

あれはヒドイと思うわ。

ミルクを飲むときぐらい、ママの胸に抱かれてママと、目と目を見合わせながら、飲みたいのよ。

 

ミルクって、体の栄養になるだけじゃないのよ。

そうやってママの目を見て、ママの肌のぬくもりを感じて飲むことが、心の栄養にもなるのよ。

ほ乳びんをくわえさせて、ママがどっかへ行っちゃったあと、ミルクがうまく出てこない時や、ほ乳びんが落ちたときなんか、情けなくって泣きたくなっちゃう。

 

ひょっとすると、ママのホントの子じゃないのかもしれないって、ひがんじゃうかも。

このままだと、ひねくれた、いやな子になっちゃうかもよ。

ミルクを飲み終わったころに、ひよこっと現れて「あ、ちゃんと飲んだじゃない。えらいわね。手がかからなくていい子ね」

 

なんでいってるげど、ママにとって都合のいい子であって、けっしていい子なんかじゃないと思うわ。

赤ちゃんをほんとにいい子にしたかったら、今度から、ちゃんとだっこして、ミルクを飲ませて。

そのほうが、あまい感じがして、とても幸せなんだもの。

 

関連記事

→赤ちゃんが咳で吐くむせるの症状はSOSのサイン?0~1歳は何科に?

→赤ちゃんの夜泣きはいつまで続くの?|0~1歳まで続く?


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る