赤ちゃんの下痢が黄色と緑の原因は?|食べ物が原因かも

Pocket

うんちの色でわかる健康チェック

 

うんちは赤ちゃんかの健康のシグナルです。

では、具体的にどんなことがわかるか、どんなことに注意したらいいのかをとり上げてみました。

日ごろのうんちの観察に役立ててくださいね。

スポンサードリンク

・黄色 (健康)

黄色系のうんちは最も自然な色で健康な証拠

うんちの中にはビリルビンという色素を含んだ胆汁が入っています。

 

そのビリルビンは黄色がかった色をしているので、うんちが黄色系になるのはごく自然なことです。

そこできげんもよく、食欲もあり、うんちが黄色系ならば、それは健康な証拠と考えてまずだいじょうぶです。

 

また授乳期の赤ちゃんではうんちのなかに白いツブツブが入っていることもありますが、白いツブツブは母乳やミルクに含まれる脂肪とカルシウムのかたまりで、脂肪分を多くとると出てくることがあるものです。

きげんもよく、見た目に健康そうであれば心配はいりません。

 

 

・茶色 (健康)

茶色のうんちも黄色の仲間。

色の違いは腸内最近の違い

 

大人の便は茶色っぽいのが普通ですが、離乳食が進むにつれて赤ちゃんのうんちも茶色っぽくなっていきます。

それは食べ物が大人に近くなっていくからですが、食べ物が変わると大腸内の細菌の構成がかわってくるので色も変化するのです。

 

また、色がまだらだったり、一日のうちに違う色のはっきりした食物繊維の多いもの(たとえばにんじん、ほうれんそうなど)の影響を受けている場合が多いのです。

食物繊維が分解されずにそのまま出てくるからで、心配する必要はありません。

 

 

・緑色 (健康)

緑色はビリルビンが酸化した色

黄色の仲間だから心配なし

 

うんちが腸内に長くとどまっていると、うんちの中のビリルビンが酸化して緑色になるので、うんちも緑色になります。

ですから緑色のうんちは黄色系のうんちの仲間。

うんち全体が緑色でも、きげんや食欲がいつもどおりなら、健康と思ってまずだいじょうぶです。

 

 

うんちの中の緑色のツブツブは離乳食の緑の野菜が原因かも

 

黄色系や茶色のうんちに緑のツブツブが入っているときには、離乳食のメニューを思い出してください。

ほうれんそうやブロッコリーなど緑の恋野菜の色素や、場合によっては野菜自体が消化されずにそのまま出ているのが原因。

心配しなくてもだいじょうぶですが、あまりにも「野菜」とわかるほど大きなまま出てきているときには、小さく刻んで食べさしてあげてください。

 

・ねばーっとした粘液がまじったうんちは正常!?

うんちにまじってねばーっとしたものが出てくることもありますね。

それは腸の粘液とうんちがこすれて出てきた粘液。

 

粘液はうんちをなめらかに出すための潤滑油的な働きをするもので、かたいうんちのときにはふだんより多めに分泌されたりします。

出てきてもまず心配ないのですが、下痢などの病気で粘液が多く分泌されることもあるので、あまり大量に出るようなときには一度お医者さんに相談してみると安心です。


スポンサードリンク


 

・白色 (要注意)

白~灰色は病気のうんち。

おむつを持って受診して

 

白色のうんちは病気のサイン。

このうんちに気づいたら早めに受診してください。

うんちが白くなる原因は、ロタウイルスによる感染症ではビリルビンを含む胆汁の分泌が一時的に抑制されるためといわれます。

 

また、胆道閉鎖症では胆汁の通り道がふさがれて、うんちに出てこないためです。

白色で気をつけたいのは、白といっても腸液などとまじってクリーム色に見えるときもあること。

また赤ちゃんのうんちは健康なときでも色が濃いので、そのうんちが要注意だということに気づかない場合もあることです。

 

関連記事

赤ちゃんの便秘の対処にさつまいもやりんごは効く?

 

 

白色うんちで疑われる病気と症状

 

・米のとぎ汁のようなうんち

白色便性下痢症(はくしょくべんせいげりしょう)

ロタウイルスの感染で起き、冬~春先にかけて流行しやすい病気です。

 

最初は鼻水やせ、発熱などのかぜの症状から始まり、その後ひどい嘔吐を起こして下痢をします。

「米のとぎ汁状」になるのが特徴です。

嘔吐や下痢がひどい場合が多いので、小さな赤ちゃんほど脱水症状に注意することが必要です。

 

 

・形のある白いうんちと黄疸に注意

胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)

胆汁の通り道である胆道がふさがっている病気で、胆汁がうんちにまじらないために灰白色のうんちが出ます。

 

胆道閉鎖症のうんちは白色系でも下痢ではなく、有形で出てくることが特徴です。

また胆汁を排出できないため、黄疸がだんだんひどくなるという症状もあります。

この病気はほうっておくと死に至るこわい病気なので、疑わしい場合は、早めに受診することが大事です。

 

 

・赤色 黒色 (要注意)

赤~黒色は血のうんち。

通り道に炎症がある疑いが

 

赤いうんちは血便の疑いがあります。

また出血の場所によっては、血液が黒く変化してうんちが赤黒色や黒色になります。

色の違いは、炎症を起こしている場所と出口までの距離にあり、出口に近いところの炎症ほど鮮血(真っ赤な血の色)がまじったりし、食道と胃など、遠いところほど色は黒くなります。

 

 

・赤や黒のうんちが出たら

まず食べたものを思い出して

うんちに赤いものがまじっていたけれど、よく見たらすいかやトマトだったなどということも多いものです。

 

また、のりやひじきを食べてうんちが黒くなったり、バナナの筋が黒くなって出てくることもよくありますし、薬を飲んでいるときは薬の色に影響されることもあります。

心配なうんちが出たら、まず食べ物をチェック。

それでも心配ならおむつを持って受診してください。

 

真っ赤な血がまじったり、ついたりしているときは出口付近に炎症がある。

真っ赤な血がうんちのまわりについていたり、中にまじっているときには、肛門の近くから血が出ている疑いが強いものです。

たとえば大腸や直腸のポリープとか、肛門が切れたなどというときにそういううんちがよく出ます。

 

少量ならば肛門が切れている程度のことが多いですが、大量のときは急いで受診するようにしてください。

赤黒~黒いうんちは、小腸より上の器官での炎症の疑いがある。

赤黒いうんちは小腸、黒いうんちは胃や小腸などから出血していることが多いものです。

 

炎症部分が出口から遠いほど、またおなかの中にとどまっている時間が長いほど、血液の色は黒っぽくなるので、校門より遠いところの出血では、たくさん出血した場合でなければ赤い色の血液はなかなかうんちに出てきません。

 

また、鼻血を飲み込んだりしても、こういううんちが出る可能性があります。しかし緊急の場合もあるので、おむつを持って早めに受診するようにしましょう。

 

 

赤色うんちで疑われる病気と症状

 

元気なのに線状にうんちに血がまざる

腸粘膜下(ちょうねんまくか)

リンパ濾胞増殖症(りんぱろほうぞうしょくほう)

 

健康状態はいいのに、うんちに赤い点々や赤い線状のものがまじることがあります。

原因は腸粘膜の下にあるリンパ節が大きくなってできた腸壁のでこぼこの上からの出血で、母乳で育つ赤ちゃんに多いのが特徴です。

 

あまり出血が多くなければほうっておいても治るので、普通は病気とは考えません。

ただ便に血がまじるときには、多くの場合治療が必要な病気が隠れているので、とりあえずうんちを持って受診しましょう。

 

 

・間欠的に泣き、粘血便が出るのが特徴

腸重積症(ちょうじゅうせきしょう)

腸の中に腸が入り込んで重なる病気で、時間がたつと重なった部分のさいぼうが壊死し、快復手術をしなければならなくなることもあります。

 

症状は強い腹痛で、はげしく泣いては泣きやみ、また発作のようにはげしく泣きだすということを間欠的に繰り返します。

いちごジャムのような粘血便も特徴の一つですが、自然に出る場合と、浣腸をして初めて出る場合とがあります。

早期発見なら手術せず、高圧浣腸という方法で治ることも多いものです。

 

ひどい腹痛、嘔吐や水樣血便が出る

細菌性大腸炎(さいきんせいだいちょうえん)

細菌に汚染された飲み物や食べ物をとることで起こります。

 

いろいろな病原菌があり、菌によって症状は多少違ってきますが、どれも嘔吐や粘液便がひどく、発熱、腹痛を伴ったり、血便が出やすいのが特徴です。

気づきしだい早めに受診してください。

 

 

・かたい便を無理に出して、肛門が裂ける

切れ痔

かたいうんちを無理やり出して、肛門の出口に近いところが裂けてしまうことで起こります。

 

オムツやうんちのまわりに血がつくので気づくことが多いようです。

傷が治るまではうんちのあと座浴やシャワーなどで肛門を清潔にすることが大切。

小児科ではかたいうんちをやわらかくするお薬があります。

 

関連記事

赤ちゃんのうんちでわかること


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る