赤ちゃんの果汁のあげ方で注意すること!布団をける理由はこれ!

Pocket

果汁、果汁ってあせらないで

 

ママはアタシ(生後二ヶ月)を育てるのに一生懸命になり過ぎて、ときどきコワイ声を出すことがあるのよ。

きょうって「どうして果汁を飲まないの。飲まなくちゃダメ」 なんでいうんですもの。

スプーンを振りかざして、アタシに立ち向かってこられたら、アタシだって悪いと思うけど、意地になっちゃう。

 

「どうしてこの子、果汁を飲んでくれないのかしら」 泣きそうな顔してるママを見ると、申しわけないとは思うのよ。

でも考えてみてちょうだい。

いままで母乳とミルク以外の味を知らなかったんですもの。

スポンサードリンク

 

いきなり、変わった味のものを口の中に押し込まれたら、だれだってしかめつつらをするんじゃないかしら。

きょうはうまくいかなかったけど、がっかりしないで、少し間をあけて飲みたい気分になったとき、また試してみて。

日光浴の後とか、お散歩の後なんか、のどが渇いてカラカラなんですもの。

 

そういうときなら飲めるかもしれないわ。

 

それともうひとつ。

ママは果汁を作るのも一仕事という感じね

 

 

ちょっと体を移動させ、ふとんの熱気を追い出そう!

 

ボクは生後二ヶ月。

ちょこちょこ飲みだったミルクの時間も三、四時間はあくようになったし、夜中はもう飲まないで朝までぐっすり眠る。

散歩や日光浴も始めて、ママが僕の生活のリズム作りに積極的なので、ボクの毎日はとてもごきげんで、ママにとっても感謝している。

だけど一つだげママにお願いがあるの。


スポンサードリンク

 

ボクが目覚めておむつを替えてくれるとき、ベッドの中でそのまましないで、布団か畳の上に移してから替えて欲しいの。

なぜかっていうと、眠っているときは体温が少し上がるから頭の下や、背中のところのおふとんにボクの熱気がこもってしまうの。

ママ、さわってみて気がつかなかった?

 

こんな気分、 自由に寝返りをうてるママにはちょっと気がつかないかもしれないげど、ボクはまだ手足をパタパタしたり、のびをするくらいしか自分で動げないから。

ママに体を動かしてもらって、おふとんの熱気を追い出して欲しいんだよ。

ボクがぐずったとき、ママがちょっと抱き上げただげで、ぴたっと泣きやむのは、抱きぐせがついたわけじゃなく、背中がすっと気持ちよくなるからなの。

 

このごろボクが、ミルクの時間でもないし、おむつもぬれていないのに、夕方に限ってよく大泣きをするのも、おふとんの熱気が原因のことが多いんだよ。

ちょっとぐずったときに、すぐベッドから抱き上げて、畳にでもごろんと寝かせてみて。

ママが側にいなくても、きっとしばらく一人でおとなしくしているよ。

 

それでも泣くときは、おなかに空気がたまって張っているときなの。

お乳や果汁を飲んだあと、十分にゲップが出ないまま眠ったりすると、おなかが張って痛くなることがあるの。

そんなとき、寝かされっぱなしだと本当に苦しいんだ。

 

だっこされて体を動かすと、その子に案外簡単にゲップやおならが出て、ケロリとなおっちゃうこともあるんだよ。

ママ覚えておきましょう。

 

関連記事

→赤ちゃんのミルクの上手な飲ませ方。間隔や量は工夫が大事!

→赤ちゃんがお風呂で泣くのは温度と時間が原因?|0~1歳児の子供に


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る