赤ちゃんの熱が下がらない時の対処法|0~1歳児を元気に|

Pocket

熱のときのホームケア

 

・水分補給を 心がける

熱があると水分が失われやすいので 湯ざまし、麦茶、子供用イオン飲料、果実などの水分を与えましょう。

 

・母乳、ミルク、食事

母乳や ミルクを飲みたがれば与えますが、 欲しがらなければ無理に与えなくて大丈夫。

ほかの飲みもので水分補給を心がけます。

食事も同様に食べたがれば消化のよいもの、口当たりのよいものを与えます。

 

・衣服、布団

熱の上がり始めで手足が冷たかったり寒がるときは厚着で構いませんが、熱が上がりきってからだも熱くなったら、薄着にして涼しくしてあげます。

汗でぬれた服はこまめに取り替えましょう。

スポンサードリンク

・体を冷やすとき

ぬるま湯でしぼったタオルでからだをふいてあげると、熱を放散させてくれます。

汗を拭いてあげるので、からだもさっぱりしますね。

 

氷枕やアイスノン・熱さまシートなどは、子どもが気にいって気分がいいようなら使ってあげましょう。

首のつけ根などを冷やしてあげるのもよいでしょう。

 

 

・解熱薬の上手な使い方

「解熱薬は何度になったら使えばいいのですか?」

とにかくよく聞かれる質問ですので、みなさん迷っているのですね。

 

人間の体はたいてい目的にかなった反応をします。

病気のときの発熱は、それ自体がからだの中でウイルスなどの病原体をやっつける物質を出す指令の役目もしています。

ですから、無節操に解熱薬を使って熱を下げることに執着することは、かえって自然治療力の足を引っ張っていることにもなります。

 

ですから、解熱薬をまったく使わないという小児科医もいるくらいです。

でも、だからといって、熱のために一晩中眠れないというのも、いくらウイルスをやっつけるためとはいえ、体力を消耗してしまいますから、我慢だけを強要するような考え方は疑問です。

僕は、生後6か月くらい以上の赤ちゃんの場合、メリットが本当にありそうだったから、解熱薬を使ってみてはどうですか、と言うようにしています。

 

具体的には、解熱薬を使えば楽に眠れそうだ、水分が今よりもとりやすくなるだろう、というような場合です。

大事なことは、解熱薬とはいっても、使う基準は熱の数字じゃないということです。

そんなことをいうと、「でも先生、お薬の袋に38.5℃以上のときって書いてあるじゃないですか」と言われそうですね。

 

僕はそういう書き方をすると、お母さんは体温計の数字だけを見ていれば考えなくていいよと言っているようで、そういう書き方はしないし、嫌いなのですが確かにそういう指示を書いてあるお薬の袋を見たことがあります。

 

でも、そんなにかたく考えないでください。

それはあくまでも目安です。

 

39℃だけど元気だから使わなかった。

38℃だったけど眠れないので使ってみたというやりかたで間違ってはいないのです。

解熱薬は、決して病気を治す薬ではないということをしっかり理解して、上手に利用すればよいのです。


スポンサードリンク


 

・水分補給は忘れずに!

熱が高くてフーフーしているようなとき、解熱薬を使おうかどうしようかだけでなく、水分補給にも気を配りましょう。

熱があるときは、それだけで水分が失われやすいですし、水分が欠乏してしまうとそれによって熱が上がることがあります。

 

 

・エアコンは使ってもよいか?

病気のときは、環境温度に上手に対応しにくいので、ある程度快適な環境をつくってあげることはよいことだと思います。

あまりに暑い日は冷房を使ってもかまいません。

 

暖房は衣服や布団と同様に、温めすぎに気をつけて、ほどよく使いましょう。

これも、子どもが快適にしているかどうかが判断の目安になります。

熱があるときでもお風呂に入れていい?

 

また聞かれちゃったというくらい、頻度の高い質問ですね。

ぐっすり寝ているこどもを無理やり起こしてまで入れるのはよくありませんし。

生後2~3か月の、熱を出したらそれだけで何か重い病気が隠れているのではないかと思わなければならない。

 

月齢の子の場合もお風呂どころじゃないですね。

でも、熱のあるときに限らず。

病気のときのお風呂というのは、長時間、熱いお風呂につかって体を消耗させたりしなければ、とくに本人が入りたがっているような場合は、まず問題ありません。

 

赤ちゃんだって、生後半年を過ぎると、熱があるけれど元気だという場合は結構あります。

あまり熱が高いときは無理をせずに様子をみますが、洗い場でちょっとだけさっと洗って気持ちのよい湯船には入れてあげない・・・。

というのは、冬場なんかだとちょっと酷なような気がします。

 

お風呂で気持ちよくなってぐっすり眠れれば、からだにもよいでしょう。

要はメリットとデメリットをその場で判断するということですね。

日本では、昔は町では銭湯、農村でも別棟に五右衛門風呂でした。

 

お湯の温度もかなり高めでした。

そのころの考え方が国民性として残っているのかもしれませんが、現代のふつうの家庭の入浴とはかなり違いますね。

 

関連記事

→赤ちゃんの発熱原因と冷やす方法

→赤ちゃんが咳で吐く、むせるの症状はSOSのサイン?

 

 

今日行こうか、明日にしようか…受診のタイミングのポイントはこんなこと

 

熱が出たら、とくに月齢の低い赤ちゃんは、できるだけ早く受診したほうがよいと述べました。

でも、少し大きくなっても早いほうがいいに決まってる。

とにかく何が何でも早く診せたほうがいいという意識は、まだ育児になれていないお母さんとか、普段子どもの病気とかかわることの少ないお父さんなどには根強いものがあります。

 

でも本当にそうなのでしょうか?

 

・早く診てもらえば早く治る

・早く抗生物質さえもらえば安心だ

・早く診てもらえば早く熱が下がる

・早く診てもらえば肺炎にならない

・早く診てもらえば明日保育園に行ける

・早く診てもらえば診察は一回で済む

 

これらの期待は残念ながらたいてい裏切られます。

たまたまある病気に特徴的な症状を見つけて治療を早くから開始することもありますし、地域の流行状況から推測することもあります。

でも、診断をするにはある程度のヒントが必要です。

 

熱が出たばかりの子を診察して、黙って座らせて聴診器でもしもしして、お口をアーンでピタリと当てるなんて、僕らにはできません。

熱だけでちょっとフーフーしているけれど、生後半年も過ぎ、水分もとれ、笑顔も見えてそれほど苦しんでいるとはいえなそうなときは、ちょっとお家で様子をみるのも立派な治療であり、受診する前の準備でもあるのです。

 

 

こんな発熱は早めに受診を

 

・月齢が低い赤ちゃんの発熱

細菌感染などの可能性があり、症状も急変しやすいので、ほかに症状がなくても早めに受診を

 

・脱水症状があるとき

水分を受けつけない、おしっこが出ない、目が落ちくぼんでいるなど、脱水症状があるときは、早めに受診を

 

・熱のほかの症状がひどいとき

嘔吐や下痢がはげしくぐったりしている

意識がぼんやりしている

機嫌が著しく悪い

(激しく泣き、あやしても泣き止まないなど)

呼吸が苦しそう、顔が青ざめているなど。

 

こんな時は早めに受診しましょう!!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る