距離を置く女性心理は駆け引き?

Pocket

「少し距離を置きたい…」そんなことを言われた男性はたくさんいるかと思います。

男性からすると距離を置きたいなら別れたらいいのに。

なんて思う男性もいることでしょう。

 

しかし、この駆け引きは2人を幸せになるための大事なものなのです。

「距離を置きたい」その駆け引きの重要さに、彼女自身も考えてはいないことでしょう。

今回は駆け引きが2人を幸せになるためのものと距離を置く女性の心理をご紹介します。

スポンサードリンク

 

駆け引きは、2人を幸せにするもの

 

あなたがちょっと気をゆるめると、すぐにあなたを粗末にする彼。

この場合そもそも、あなたはあなたを大事にしていますか?

そして、2人の間に信頼関係はありますか?

 

あなたは一生小悪魔をやるつもりですか?

本心からかけ離れた駆け引きで疲れ果て、彼を追いかけさせ、では、いつあなたは彼との時間を楽しむのでしょう。

駆け引きの目的は、「返信は1日後」ではなく、「彼に告白させること」でも「追いかけさせるもの」でもありません。

 

「彼に愛され、彼を愛し、いい関係になること」ではありませんか?

「私はあなたが好き、私は一人でいても楽しくて幸せ」ができれば、あなたの時間をすべて彼にあげることもなくなります。

あなたを粗末にする彼には興味がなくなり、彼の時間や意志を尊重できるようになります。

 

その結果自然と、忙しくて返信が翌日になってしまったり、彼のペースを優先して、あなたから連絡せず、自由にさせてあげたりできるようになるのです。

有名な駆け引きは、あまりに自滅的で自分のすべてをささげてしまう女性への行動として、とても意義あるものでした。

だけどいつのまにか駆け引きのルールだけが先行して、「べき」、「ねばならない」と絶対至上命令になっている。


スポンサードリンク


 

別に追いかけさせなくても、振り回さなくても、2人が対等で楽しくいれたらいいですよね?

そういうあたたかい仲よしカップル、夫婦を、私はたくさん知っています。

正直いって、私は「5段階の3」の対等な関係が一番幸せではないかと思います。

 

それに、駆け引きと本心がかけ離れすぎていると、彼が去っていったときに後悔だけが残ります。

「感じ悪くしすぎたかも、どうせなら本当の思いを伝えたかった」と。

有名な駆け引きの通りにして、見事ゴールインした女性からお話を聞いてみると。

 

結婚した途端に地を出して夫から愛想を尽かされかけたり。

「指一本であやつれるバカ」と見下している夫になったりしている。

いっさい本音を言えない日々が辛くて離婚を考えたりと、必ずしもうまくいっている人ばかりではありませんでした。

 

これを聞いてあなたはどう思いますか?

本末転倒とは思いませんか?

駆け引きにとらわれた頭と心をリセットしてみると、本当に大事なものが見えるかもしれませんよ。

 

 

駆け引きする女性心理

 

駆け引きといえば、思いつくのは「距離を置こう」、「メールの返事をしない」などです。

彼の気持ちが本当にわからなくなったときはこういった行動をとる女性、とくに、若い人が多い。

しかし、この駆け引きはうまくいくときもあれば、失敗する場合もある。

 

駆け引きをする女性というのは、彼は自分のことをどう思っているのかを知りたいだけなのです。

 

彼から「お前の気持ちに答えれてなかった。

本当にごめん。

離れてみて、ようやくおまえの大切さに気づいた。」

 

このように具体的な内容と相手に対する思いを彼女は知りたいだけなのです。

この駆け引きにあなたがどうでるかはあなた次第です。

しかし、彼女のことにまだ「好き」という感情があるのであれば、その駆け引きに答えてあげましょうね!

 

関連記事

→女性が職場恋愛で好きな人にとる態度

→好きな人の気持ちを知りたい人に確かめる方法


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る