隕石が落ちてくる夢は危険!?夢占いで9つご紹介!

Pocket

【茶】

茶色は、木や草を生み育てる土の色である。

そこから大地のようなふところの深さや、母親が子供を慈しむような無条件の愛を意味する。

 

それは見返りを期待しない愛であり、思いやりの表われでもある。

また、茶色は地味ではあるが無難な色であり、何にでもよくマッチして安心して使えることから、落ちつき、堅実な生活態度、調和、協調性、遠慮、消極性、平凡などを意味する。

買物に行って、ほかの物を選んでいるのに茶色の物を勧められるのは、《もっと地道な生き方をしなさい》という教え。

スポンサードリンク

 

色や宇宙の夢

 

【透明】

透明な心、魂の浄化を意味する。

それは神仏の境地につながり、悟りや永遠を表わす。

 

透明といえば水晶玉が連想されるが、そこから霊感、予知、膜想、神秘的な世界、無限のエネルギー、宇宙の波動を意味する。

また、自分の考えや感じ方がはっきりとしていること、明断さを表わしている。

 

【灰色】

灰色は沈んだ色であり、心のうつ状態、陰気、寂しさを表わす。

また、自分自身や物事が沈滞していること、すなわち低迷やスランプを意味する。

 

不安や気持ちが後ろ向きになっていることの表われ。

灰色の人生を象徴しており、失敗、挫折、落伍、逃避、荒廃、堕落を意味する。

夢のなかに灰色が出できたら、心の健康状態に十分注意する必要がある。

 

【ピンク】

ピンクのもつ夢々しさは、恋のときめきやロマンチックな感情の表われである。

それはまた、メルヘンやファンタジーの世界の象徴でもあり、乙女チックな憧れや想像を意味する。

 

ピンクには心の傷をいやす意味もあり、包み込むような愛情ややさしさを表わす。

また、ピンクには子供っぽい印象がつきまとうが、そのことから甘えや幼児性を暗示している。

 

【緑】

自然をイメージさせる緑は、豊かさ、生命力、成長する力を表わす。

緑の森や草原は私たちの心を休ませ、くつろぎをもたらしてくれる。

 

そのことから、緑は癒しや安らぎを象徴し、抑圧からの解放を意味する。

また、緑のもつ穏和な雰囲気から、平和や安全のシンボルでもある。

さらに自然への回帰、エコロジーを表わしている。

 

【紫】

高貴な身分を象徴する紫は、気品や奥ゆかしき、人間としての深みや落ちつきを表わす。

紫は神聖なものの象徴でもあり、深い知恵や気づきを意味し、また献身的な態度を表わす。

紫には積極性や活動性のイメージはなく、むしろ謙鹿さや内向性を示している。


スポンサードリンク

 

【天の川・銀河】

富、愛、能力などの無限の宝庫を象徴している。

天の川の夢は、お金でも成功でも本当に必要なものが手に入ること。

 

また本気で事に当たれば、目標は達成されるものであることを教えている。

ロマンスへの憧れ。

 

【隕石】

無意識的な衝動(破壊衝動など)や、コンプレックスの象徴。

慣石が落ちてくるのは、危険な衝動が突き上げてきたり、隠れていたコンプレックスが表面化することを意味している。

 

【太陽】

躍動する生命エネルギーを象徴し、あなた自身の若さ、勢い、バイタリティーを表わす。

また、太陽は希望や栄光のシンボルでもあり、意欲、前進、成長、自己実現を意味する。

 

太陽の光は、この世のすべての生きとし生けるものに平等に降り注がれる。

そのことから人類愛や、惜しみなく愛を与えることを表わしている。

人間的な魅力や輝きの表われ。

 

昇る太陽は、前向きに行動していく姿勢を示し、目標が達成されることの暗示である。

焼けつくような太陽は、誰かのあなたに対する愛情が強すぎて負担になっていること。

愛されていることが苦しくなっていることを意味する。

 

あるいは、自分自身のエネルギー(たとえば性欲など)をうまく発散できず。

身を焼かれるような思いにさいなまれていることを示している。

雲に隠れた太陽は、なんらかの邪魔が入ったために、若さや行動力を思うように発揮できない状態を象徴している。

 

太陽が沈む夢は、物事が一段落したことを示し、自分自身でも気持ちの区切りをつけようとしていることや、活動から離れて一息つきたいと思っていることを表わす。

また、若さやエネルギーを失っていくことへの不安や寂しさを示している。

 

関連記事

→夢に見るカラー色でどんな色がいい夢なの?

→初詣の夢は良い?花火大会やバレンタインデーの夢は恋が叶う?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る