電話嫌いや苦手な彼と電話をする方法とテクニック!

Pocket

今はLINEといったとても便利なアプリがあります。

しかし、メールだけでは相手の気持ちを知るのはとても難しい。

一度はそう思ったことがあるはずです。

 

そこで今回は電話が苦手な彼からかけさす方法と電話のテクニックをご紹介します。

これをマスターすればきっと好きな彼と上手く発展していくかもしれませんよ♪

スポンサードリンク

 

電話嫌いな彼に電話させる方法

 

好きな人ができたら毎日声を聞きたいですよね。

特に話好きの女性にとっては、毎日のラブコールは一番の楽しみです。

でも、彼が電話好きじゃなかったら、困ったことが起きてしまいます。

 

「何で電話してくれないの?

電話もしてくれないなんて、もう好きじゃないのかな」

勝手に彼の気持ちを推し量って、どんどんおかしな方向へといってしまいます。

 

実はこういう悩みがある女性はとても多いのです。

特に学生には多いでしょう。

私が思うに好きじゃないのは電話であって、あなたへの気持ちは関係ないのです。

 

そうは言っても、毎日電話して欲しい。

そんな希望があるなら、彼に電話させるための仕掛けを作ればいいのです。

その仕掛けとは、彼の興味のあることを一緒にしてしまうことです。

 

例えば、彼が好きなテレビを聞いて、同じテレビを見て、感想を話す。

そんなことを続けていると、自然に電話をかけてくれるようになるのです。

「ね、あのテレビ見た?見た?」

 

感想を言うという用事があれば、自然に電話に手が伸びる。

話す内容も多いから、通話時間だって、長くなる。

これでお互い楽しく電話できるようになるのです。

 

★好きな相手の興味があることを知ることから始める。

彼が電話したいことを作ってあげるのがコツです。


スポンサードリンク

 

電話のテクニック

 

よく、男の前で声を変える女性っていますよね?

電話では、これを使わないと恋愛の発展は少ないものなのです。

だからって、いつもネコなで声を出せって言ってるわけではありません。

 

相手が楽しそうな時は、一緒に楽しい気持ちを込めて。

悲しそうな時は、一緒に悲しい気持ちで声を出す。

このように、相手の心に共鳴する会話をしましょう。

 

電話だと、自分の顔は見えません。

だからこそ、声をあなたの表情として表現するのです。

それだけで、相手にとってみれば、とっても楽しい時間を共有していると思うことができます。

 

楽しい話の瞬間だったり、嬉しい瞬間だったり…。

彼にとって、心地良い電話での会話っていうのは、相手と自分が、同じ気持ちで過ごしていることなのです。

そして、スパイスのようにところどころに、あなたの想いの声を出す。

 

例えば、「うふっ」って笑う時だったり、照れちゃう時だったり…。

ちょっとエロティックに言うだけで、彼の聴覚はとても鋭くなります。

同じ気持ちを共有して相手の心が緩んだとき、ホンの少し女のささやきが入るだけで男性はメロメロになったりするものなのです。

 

★彼の気持ちを共有するのも大事!

でも、彼に合わすだけではなくところどころの合間に自分の気持ちの声を入れるのがテクニックです。

電話でよくありがちな沈黙…。

 

そのときは「うふっ」と軽く笑い、「なにこの沈黙(笑)」と笑いながら言ってりしましょう。

そうすれば彼も共鳴して笑い始めます。

「声を変える」は表情を伝える大切な武器なのです。

 

関連記事

→メールよりも電話を選ぶ男性心理

→言葉の返事でわかる浮気チェック!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る