顔を隠す心理と動かす心理

Pocket

顔の右半分、左半分の読み方

 

自分の顔のどちら側かあなたは好きですか。

人はどちらか好きな顔があって、好きなほうを目立つようにします。

とくに女性は、自分の顔をどちらの方向から見たらきれいに見えるか知っていて、写真に写るときには、気に入っているほうからつねに撮らせようとします。

 

ある女優さんなどは、それが絶対命令で、写真だけでなくテレビのときも、同じ方向から撮らないと気がすまないという話を聞いたことがあります。

そこで、どちら側か気に入っているかを調査したところ、右側を気に入っている人が多くいました。

顔の右半分は、他人向けの、よそゆきの表情があらわされているといわれています。

スポンサードリンク

 

そして、左側に感情が出やすいのです。

そこで、人は感情の隠しやすい右側の顔を見せようとするのかもしれません。

普段、私たちが相手の顔を見るときは、左半分(向かって右側)を重点的に見ています。

 

また、顔の左側(向かって右側)の印象は怒っていて、右側(向かって左側)は笑っている絵をチラリと見せて、その印象を言わせる実験によっても、左右がまったく違う表情をしているのに、「この人は怒っている」と答える人が多いのです。

これは、眼球が自分の右側に動きやすくできているために、視線が相手の左側(向かって右側)に集中しやすくなっているのが原因らしいです。

 

「顔色をうかがう」という言葉がありますが、私たちは無意識に感情の出やすい相手の左側(向かって右側)を見ていることになります。

いつも見慣れている顔なのに、別人を見たように思わさせられることはないでしょうか。

これもあなたが普段左側に重点を置いて見ているために、突然右側を重点的に見て起こった錯覚なのです。

 

彼の表情をよく読みたいと思ったら、彼の左に座って観察してみることを勧めます。

女性を右側にしか座らせない男性は、自分のいいところしか見せようとしていない、プレイボーイタイプかもしれません。


スポンサードリンク

 

口の動きはあなどれない

 

表情のキーポイントは目ですが、囗の動きも見逃せません。

囗といえば、まず笑いです。

微笑み、笑いかけるなどは、人間の最大のコミュニケーション。

 

相手には微笑みをもって自分が危害を加える人間ではないことを知らせます。

ほかの動物を見ると、歯を見せるのは威嚇のときの表情です。

これがチンパンジーとなると、服従を意味するようになり、人間で親しみもしくは、喜びの意味に変わってきたという考え方が文化人類学にあります。

 

しかし、囗は親しみだけではなく、嘲笑、苦笑い、含み笑いなどというように、軽蔑から優越感、決まり悪さなどの多彩な表現手段に使われています。

「いま、笑っただろう。俺のことバカにしているんだろう」

「バカとはなんだ。バカとは」などと、笑いのためにけんかになることもあります。

 

「彼女の笑い方って男にコビているわよね」

「あの人、二コニコしているだけで、なに考えているかわからないな」

などと、評判の悪い笑い方というのもあります。

 

笑い方はいろいろありますから、相手がどんな笑い方をしているのか、的確につかむのはむずかしいかもしれません。

笑いは、とかく誤解のもとになりやすいのです。

でも、目の表情と合わせて見れば、相手がどんな笑い方をしているかわかります。

 

笑い方だけに見とれないで、顔全体を見て、表情を読みましょう。

笑いのほかにも、次のような囗の動きから読む意思表示があります。

 

▼イエスをサインする動き

・くちびるをなめる

 

▼ノーをサインする動き

・舌を頬の内側に押しつける

・囗を固く閉じ、くちびるが乾いている

・くちびるを噛みしめる

・力をこめて歯をくいしばり、あごの筋肉を誇示する

 

笑うだけではなく、囗には「拒否」を示すサインがいろいろあるのがわかります。

「歯ぎしりする」という言葉もあるように、くやしさを表現するのも囗です。

また、嘘をついているとき、人は囗の端がピクピク痙攣したり、モゴモゴと囗をよく開けないで話したりします。

 

「口は災いのもと」。

しっかり囗もとをチェックしましょう。

 

関連記事

→女性の好きアピールとバレた時の態度

→男性の好きな人からlineでおやすみがくるのは脈あり?


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る