飼い始めは猫の気持ちを知る!

Pocket

最初のお世話はコレ!

 

部屋を自由に探検させてあげよう!

いよいよ待ちに待った子ネコがやってきました。

何にでもじゃれて、純真無垢な瞳でじっと見つめられると、誰でも子ネコの「かわいい光線」にまいってしまうはずです。

 

そのかわいきに思わず、なでたり抱いたりと、家族全員でかまってしまうことが多いのでは?

でも、新しい家にきた子ネコの気持ちをちょっと考えてあげてください。

家にきたばかりの子ネコは、ホン卜は緊張してビクビクもの。

スポンサードリンク

 

「ここはどこ?ママやみんなはどこにいるの?」と、とても不安になっているのです。

車や電車に乗せられたりと初体験づくして、体のほうだって疲れ気味。

ですから、はじめの数日はみんなでかわいがりたい気持ちを極力おさえ、かまいすぎにはくれぐれも注意してください。

 

健康な子ネコなら、そのうち自分で家中を探検しはじめます。

子ネコが入っていい場所は、自由に探検させてあげること。

匂いをかぎ、ゆっくり探検することで、新しい家になれようとしているのです。

 

そのうちに、お気に入りの居場所やお昼寝場所が決まります。

 

・食事や習慣を急に変えない

ペットショップやブリーダーから買ったり、知人からもらった子ネコなら、前にいたところでの生活を聞いておくことも大切。

今までの習慣を急に変えずに、少しずつ新しい家になれてもらいましょう。

 

ごはんの時間や内容も確認しておき、しばらくは同じタイミングで同じごはんをあげると、環境が変わってもちゃんと食べてくれる確率が高くなります。

さらに、前に寝ていたベッドの布など、自分の匂いがついたものをもらっておくのもおすすめ。

新しいベッドに入れておけば、その匂いで安心できるからです。

 

そしてネコファンなら誰もが知っているように、ネコはホントに寝てばっかりいる動物。

なかでも子ネコは、とにかく充分に睡眠をとることが大事。

子ネコが眠っているときは、決してジャマをしてはいけません。

 

そっと寝かせてあげましょう。


スポンサードリンク

 

・具合が悪いの?助けてシグナルをキャッチして

家にきたばかりの子ネコは、せつなげに「にゃおにゃお」泣いたり、食欲がないことも。

初日だけなら心配いりませんが、2日たってもごはんを食べない、水も飲まない、というときは要注意。

 

大人のネコなら3日くらいごはんを食べなくても大丈夫ですが、それでも水は絶対に必要です。

子ネコは食ペないとす?に危険な状態になりやすいのです。

また、食べたものを吐いたり、ゲリをしているというときも注意が必要。

 

これらの状態のときは、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

ためらっていると、命にかかわることも。

相手はまだか弱い子ネコ。

 

慎重すぎるくらいでちょうどいいのです。

 

・かかりつけのお医者さんを決めて健康診断を

子ネコが家になれできたら、早いうちに一度、動物病院で健康診断を受けておきましょう。

見た目は元気でも、病気に感染していたり、寄生虫がいる場合もあります。

 

予防接種も子ネコのうちからきちんと受けたほうがいいので、ワクチンの種類や接種時期を獣医さんと相談してください。

また、子ネコは体力がないので、病気になりやすいもの。

いざというときにあわてないためにも、近所の動物病院を探してかかりつけのお医者さんを決めておくと安心です。

 

ごく小さな子ネコのうちは、体重もどんどん増えていきます。

キッチンスケールを使って、体重の記録をつけるといいでしょう。

子ネコに差はありますが、生後3か月の子ネコはオスで1000~1500グラム、メスで8oo~1300グラムくらいが標準です。

 

どんどん大きくなるこの時期は、確実に体重が増えていることが健康な証拠といえます。

 

・コミュニケーションを開始!子ネコと友だちになろう

子ネコが家になれて「ここが新しいおうちだ!」と落ち着いてくると、元気に活動して、ごはんもしっかり食べるようになります。

たっぷり眠って、食べでは遊び、またお昼寝。

 

なんともうらやましいかぎりですが、高い場所によじ登ったり、動くものにじゃれるのは、子ネコにとっては大切なお勉強タイムでもあります。

こうなったら、いよいよコミュニケーションを開始!

名前を呼んだり、なでたりしてみましょう。

 

抱くときは、片手で体全体を下から支え、片手は前足の下辺りにおきます。

子ネコが嫌がらない体勢で抱いてみて。

でも、なかには抱かれたり、なでられるのが嫌いというネコさんもいます。

 

成長するにつれて好きになるネコもいるので、ご機嫌を観察しつつ根気よく挑戦しましょう。

 

関連記事

→猫の性格は種類で違ってくる!

→子猫の予防接種は?目ヤニや涙は要注意!?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る