馬が合うカップルは結婚にたどり着く!?

Pocket

馬が合うカップルは結婚にたどり着く!?

 

「彼とはウマが合う」と感じ、いっしょに遊んだり、話したりしているうちに、気がついたら、その人は自分にとってかけがえのない人になっていた。

人と人とのいい関係は、ふつう、後で気がついたら、いい関係になっていたというような、あやふやな意識しかもてないものです。

「彼と仲がいい」というのは現象です。

 

しかし、その要因は明確にはつかめない。

「ウマが合うから」という答えを用意したとしても、「なぜ、ウマが合うのか」の問いには、やはり答えられない。

人と人とがいい関係を築く。

 

「その主な要因は何か」をテーマに追跡調査がおこなわれました。

ここで得られた結論は「マッチング・セオリー」、つまり、相手と自分との一致性、類似性が大きな役割を果たしているということです。

この追跡調査の被験者は、大学の寮に入寮した17歳の男子学生です。

スポンサードリンク

 

もちろん、全員が初対面です。

彼らが友人関係を築いていく過程を6ヶ月に渡って調査していました。

彼らの行動は、まず、部屋の近い者同士が言葉を交わし、親しくなっていく。

 

これは、「近接の要因」といわれ、自分と近くにいる人に好意をよせる心理です。

「近くにいる人同士」は、ただそれだけで、互いに親近感を抱く環境にいる「近接の要因」は後でふれるとして、ここでは、調査の第二段階にすすみます。

調査では、これらの学生たちは次第に態度の似ている者同士が親しくなり、いくつかのグループを形成していくのです。

 

「出身地が同じ」

「推理小説ファンである」

「ファッションセンスが似ている」

「同じ宗教活動をしている」

 

など、自分と相手との何らかの共通点、類似点を発見して、親しくなっていく。

共通点、類似点は、相手との接着剤になっている。

そして、さらにいい関係に発展していく土壌にもなっているのです。

 

仲のいい友人を思い出してください。

どこかしら、共通点、類似点をもっているはずです。

これが「マッチング・セオリー」というものです。

 

「類は友を呼ぶ」法則なのです。

街で見かける、明らかに恋人同士と見える男女は、ファッション的にだいたい同じ趣味をしているものです。

そうして、二人が並んでいるとき、どこかしらつり合っているイメージがあります。

 

「お似合いのカップル」というのは、このような状態で、見ていてもバランスがいいものです。

「類似性」は、恋愛のきっかけであり、また、恋愛がうまく成立する絶対条件といってもいいものです。

「趣味が同じ」ことも、強力な接着剤になります。

 

彼も自分もテニスが好きなのであれば、それだけで類似性のある二人ということになります。

恋愛に発展する可能性はとても高い。.

残念、ながら、自分はテニスが好きではない場合は。

 

類似性の原則からいえば、あまりよくない状況です。

この場合は、一つは彼との別の類似性を探すことです。

仮に、同じ小説家のファンであれば、その点の類似性を強調して彼と親しくなる方法があります。

 

彼がテニスにしか興味がないのであれば、自分も少しぐらいはテニスを好きになる努力が必要です。

それが類似性の原則です。

プロの有名選手の何人かを調べたり、テニスの本を読んでおくぐらいの努力は必要になります。


スポンサードリンク


 

「あ、テニスに関心があるんだな」

彼がこのように感じるだけで、恋愛が成立するチャンスは広がったといえます。

ただ何となく「やさしそうな人だな」と、何の準備もなく彼に接近しても、恋愛のきっかけさえつかめないケースが多い。

 

二人の接点が発見できないからです。

類似性の原則が最も象徴的におこなわれるのは、お見合いです。

家柄はいまだに大きなポイントになっています。

 

同じ程度の家柄ならうまくいく可能性が高いことは、誰もが知っているはずです。

最近のコンピュータは結婚相手の紹介で活躍しているそうです。

が、実際にコンピュータによって紹介された後、二人の男女はどうなるのでしょうか。

 

また、結婚したカップルと結婚しなかったカップルの違いは何だったのか。

二人の適合性が類似性に基づいていることがわかったのです。

結婚にいきつくことが少なかったのは、スポーツへの興味や身長に差がありすぎるカップルでした。

 

性格的には、「服従ー支配」「規律のないー統制された」という要因で差がありすぎたカップルです。

つまり、「似ていない」カップルは結婚に至ることが少なかったのです。

一方、結婚にゴールインしたのは「具体的ー抽象的」「まじめー行きあたりばったり」「自信に満ちたー心配症の」の性格面の要因で一致したカップルです。

 

つまり、「似た者カップル」が結婚に至るのです。

恋愛、結婚においては、「類似性」が、原動力になっていることがわかります。

普通の状態では、このように似た者同士が親しくなりやすいといえます。

 

しかし、これだけでは好きな人と親しくなれません。

そこで、好きな人がいたら、その人と似た人間になるように心がけたらどうでしょう。

 

関連記事

→初対面や好きな人にアピールするテクニックは?

→一目惚れを誘う心理とは?

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る