高島彩は高校時代ヤンキーだった?

Pocket

どうもこんちわ。芸能情報ゆうタロウです♪

美人女子アナとして絶大な人気を集める高島彩。

そんな高島彩の過去の噂といえば…

 

「ヤンキー」

「コギャル」

 

この2つのキーワードがよく調べられています。

そこで今回は、この2つのキーワードについてご紹介していくことにしましょう。

スポンサードリンク

 高島彩の高校時代

 

美人で学力も優秀。

そんな高島彩の高校時代はどんな女性だったのでしょうか?

まずは高島彩の高校を調べてみました。

 

・高島彩が卒業した高校

成蹊高等学校(せいけいこうとうがっこう)

 

成蹊高等学校とは、中高一貫の学校で中学から進学していました。

偏差値を調べてみたところ、偏差値は60でした。

やはりアナウンサーだけあり、かなり勉強はできるようです。

 

そんな高島彩は高校時代はヤンキーだった?

偏差値から考えると、全く想像もつきません。

そこで高島彩の高校時代の写真を探してみることに。

 

そんな高島彩の高校時代の写真がこちら。

 

高島彩

 

少し髪の毛を染めている?

ようにも感じますが、かなり悪かったヤンキー!

そんな感じには全く見えませんでした。

 

ですが、見た目だけでは本当にヤンキーだったのかは分かりません。

そこで、高島彩の高校時代を知っている女性に話を聞いてみました。

するとこのような回答が返ってきたのです!


スポンサードリンク


 

【彩ちゃんは活発だったけど、ヤンキーではないね】

【そもそもうちの学校にヤンキーはいなかったよ】

【でもコギャルではあったね(笑)】

 

高校が同じだった女性の回答は、ヤンキーではなかった。

どうやらこれが真実のようですね。

しかし、活発で注目される存在ではあったようです。

 

ちなみに、コギャルが流行った時代だったので、同じようなギャルは他にもいたとか。

 

 

なぜコギャルがヤンキーと言われる?

 

コギャルであったことに間違いは無かった高島彩。

そんな彼女ですが、なぜヤンキーという表現を使われるのでしょうか?

その理由はここにあったのです。

 

高島彩がヤンキーと言われる理由

【過去のテレビで昔の暴れっぷりを暴露】

 

自身で、昔は悪いことをいっぱいした。

などと自分でも発言したほど、夜の街で暴れていたようですね。

この表現を見ると・・・

 

ヤンキーというより遊び人。

この表現のほうが合っているようにも思います。

とにかく高校大学時代は遊びまくっていたようですね。

 

遊び時の年齢ですし、コギャルを売りにして芸能界入りを果たす!

なんて個人の意志もあったのでしょう。

この時代のテレビは、コギャルなどのバカ系の女性が人気を集めていた時代ですし。

 

そう考えると、テレビでのキャラという事も考えられます。

さんま御殿などに出演でいるかも?

そんな思いもあったのかもしれません。

 

 

コギャルとヤンキーの違い

 

コギャルとヤンキーの違い。

つまりチャラいのか?悪いのか?

ここだと思います。

 

簡単な例で言うとこうでしょう。

コギャル→可愛くてナンパされやすい

ヤンキー→怖いのでナンパされない

 

また、ナンパについて行きやすいのがコギャル。

ナンパされる相手はワイルドな男性でないと相手にしないのがヤンキー。

この時代のコギャルとヤンキーを考えると、このような違いがあるといえるでしょう。

 

つまり高島彩はヤンキーではなく、コギャルだった。

こう結論づけることが出来ます。

 

関連記事

→竹内由恵の足が可愛い綺麗とTwitterで話題に!!

→生野陽子の口臭とカップの検索が多い理由にこんな男性心理が!!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る