24時間テレビの歴代司会がジャニーズに偏る理由とは?


どうもこんちわ。芸能情報ゆうタロウです♪

毎年恒例で1日限定で放送される24時間テレビ。

そんな24時間テレビですが…

 

最近の24時間テレビを見ると、司会はジャニーズが多いんじゃない?

そんな印象を受けます。

ちなみに、2014年の司会は関ジャニ∞。

 

これまたジャニーズなのです。

なぜ24時間テレビは司会者がジャニーズばかりなのでしょうか?

スポンサードリンク

ここ10年の歴代司会者

 

まずは、24時間テレビの歴代の司会者を見てみることにしました。

すると以下の様な事が判明したのです。

 

総合司会者

過去の10年は全員が人気アナウンサー

 

メインパーソナリティー

2004年 嵐

2005年 草なぎ剛、香取慎吾

2006年 KAT-TUN

2007年 タッキー&翼

2008年 嵐

2009年 NEWS

2010年 TOKIO

2011年 関ジャニ∞

2012年 嵐

2013年 嵐

2014年 関ジャニ∞

 

なんとメインパーソナリティーは過去10年、全てがジャニーズだったのです!

さらにさらに驚くべきことは…

「2003年はTOKIO」

 

24時間テレビのメインパーソナリティーは2003年から。

つまり、歴代のメインパーソナリティーは、全員ジャニーズ結成されているのです!

ジャニーズのテレビの力というのは、かなりある事が分かりますよね。


スポンサードリンク


 

なぜジャニーズだらけなの?

 

歴代のメインパーソナリティーがなぜジャニーズばかりなのか?

そんな疑問をもたれる方も多いでしょう。

歴代がジャニーズだらけの理由としては、以下の様な事が考えられるのです。

 

・ジャニーズの人気グループにすることで、募金がより多い金額が予想できる

・番組の視聴率にもってこい

・ジャニーズを入れることで、話題になりやすい

 

理由として、このような事が考えられるのです。

また、過去の視聴率を見てみても、このような結果が出ています。

 

※ジャニーズをメインパーソナリティーに起用後と起用前

起用前の最高視聴率と最低視聴率

・最高視聴率 16.9%

・最低視聴率 6.6%

 

起用後の最高視聴率と最低視聴率

・最高視聴率 19.0%

・最低視聴率 11.7%

 

上記の視聴率を見ても分かるように、明らかに視聴率に差が出ているのです。

また、ここ過去の3年を見てみると視聴率は全て17%超え。

結果的に、ジャニーズの起用作は成功という結果になっているのです。

 

 

結果ジャニーズを起用したのは成功

 

結果的に見てみると、ジャニーズの起用法は成功しています。

ちなみに、最高の募金額は2011年の1,986,414,252円。

ここから分かることは、日本人の素晴らしい助け合う意識ということです。

 

近年では「おもてなし」で話題を集める日本。

そんな日本だからこそ、これだけの金額が集まるということなのです。

日本という国は誇れる国である。

 

そういう自信をもって、これからも日本人として自信を持ちましょう!

 

24時間テレビ関連人物の記事

→羽鳥慎一かつらの噂にSNSで馬鹿野郎の声


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 手稲駅北口
    • 2015年 8月 23日

    2015年もV6とHey! Say! JUMPで、12年連続でジャニーズです。
    こうした背景には2014年にSMAPがフジの27時間テレビで成功したことが大成功に至ったのでは?

    • たらなわぱー
    • 2016年 4月 05日

    2016年はNEWSがメインパーソナリティーを務められるそうで。
    これからも記録を伸ばすおつもりでしょうか日テレさーん

    • oityan
    • 2017年 6月 14日

    24時間テレビはいらない、だいたいチャリティー番組なのに、なんでギャラを払うの?おかしいじゃないか?毎年毎年、制作費だって馬鹿にならないはずだ、そんなの作らないで、24時間放送しない日にしたほうがいいんじゃない?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る