news手越祐也が2014年週刊誌で彼女や熱愛を語る。美咲って?

Pocket

どうもこんちわ。芸能情報ゆうタロウです♪

NEWSやテゴマスで活躍中の手越祐也。

色んなテレビ番組でも活躍をしています。

 

そんな手越祐也が2014年の週刊誌で彼女について語っていました。

「自分と付き合うならどんな人?」

という質問にどんな返答をしたのでしょうか。

 

色んな女性の噂がある、手越くんの恋愛感についてお話します。

また、美咲とはいったい誰なのでしょうか…。

未来の結婚相手?それとも現在進行形で付き合っている人?

 

そんな手越くんの素顔を知りたい方はご覧ください。

スポンサードリンク

 

噂の美咲とはいったい誰!?

 

色んな女性との噂がたえない手越祐也。

その中でも1番噂になっているのが、「美咲」という女性です。

色んなとこで調べたのですが…。

 

美咲という女性は架空の人物だとわかりました。

色んな人が噂をしてしまったため、その女性は美咲という架空の人物が生まれてしまったのでしょう。

確かに、色んな女性との報道がされている手越くん。

 

次はいったいどんな人なのかと広まるのでしょうね。

肉食系男子とも言われているので、色んな女性と関わりがありそうですね。

次の熱愛が報道されるのも、時間の問題と言えるでしょう。

→news増田貴久の好きなタイプや彼女と熱愛。のんちゃんって誰?

 

 

2014年、手越祐也の恋愛感とは?

 

週刊誌で「オレと付き合う条件(友達編)」と彼女編について語っていました。

 

最近、流行っているのは、カラオケを歌い終わったあと、小さい声で「センキュー」ってクールにいうこと(笑)。

だから、そのノリについてこれるって人かな。

キャラとしては、アツクて真っ直ぐなヤツばっかり。

 

だってこのオレが「まぁまぁ、落ち着け」って割って入ったりすることあるんだから(笑)。

オレがそんなことを言うってなかなかないよね。

逆に言われる立場なのにさ。

友達から、言われることがほとんどないよ。

オレのノリについてこれるヤツっていうより、オレがノリについていってる感じだからね(笑)

だから、オレのノリについて来れる人がオレと付き合う友達の条件かな。


スポンサードリンク

 

オレと彼女が付き合う条件かぁ。

友達と過ごす時間を大事にしているってことをわかってくれる子かな。

もちろん、彼女のことも大事に思っているから、友達と遊んだあとに会いに行ったりすると思う。

 

オレは彼女ができたら友達の輪に入ってほしいから、そういうのをイヤがらない人がいいな。

結構、イヤがる人って多くない?

やっぱり、彼女だから彼氏のことを独占したいって感じ?

 

友達にもヤキモチを焼くの子はちょっと苦手かも…。

極端な人見知りの子とかは、彼女が辛い思いをするかもね。

あとは…。

→flashで話題になったnews小山慶一郎が彼女と熱愛を語る。

 

「ウワサに流されない子」がいい!

人の話やテレビの話題でも「あの人って〇〇らしいね」なんて話す人は冷めちゃうかも。

その人のことを知らないのに、なんでも思い込むところがちょっとイヤなんだよね。

 

オレのウワサとか流れたらすぐ色んなこと言ってきそうだもん(笑)。

まぁ、これは彼女だけでなく、人としてイヤな性格なんだけどね。

やっぱり自分の目で見て、そして感じたことで判断することが大事だと思うんだよね。

 

好きな女の子のタイプは、その子の行動やしぐさに「うわぁ、かわいいなぁ」って。

オレがデレっとなっちゃう子かな。

結構恥ずかしいこと言っちゃったかな(笑)。

 

そういうのは、やっぱり友達としてから初めてお互いのことを知ってきたらなるんだよね。

女の子の行動やしぐさって可愛いって思えるときはよくあるんだけどね。

オレがデレってなるときは、なかなかないよ。

 

オレが最初に女の子を見るときは、顔が1番先かな。

だってまず顔みないと失礼じゃない?

あいさつするにしても、顔見てあいさつするでしょ?

 

それと一緒のことだよ。

オレが女の子のドキッってくる仕草は。

女の子が恥らう姿かな?

 

あの姿は最高だね!

もっといじりたくなっちゃう感じ!!

ってなに言わせてんだよ(笑)。

 

と語っていました。

やっぱり、肉食系と騒がしさは相変わらずって感じでした。

そんな手越くんの心を射止めるのは、いったい誰なのでしょうかね?

→news山Pが彼女や恋に発言!モデルや香里奈と熱愛の噂男が語る


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る